氷川きよしは整形で顔変わりすぎ!?昔と現在どう変わったのかデビュー当時などの画像とも比較してみた!

日本の誇る名演歌歌手「氷川きよし」さん。最近はロックミュージックなどにも挑戦されており、幅広い音楽を手掛けるマルチプレーヤーとしても人気ですよね。デビュー当時から端正なお顔立ちで人気となりましたが、最近は「顔が変わった?」「整形なのでは」という噂が絶えない状態に。

そこで今回は、整形疑惑のある氷川さんについて、どこがどのように変わったのか画像を見て比較してみたいと思います。音楽の路線が変わり、イメージも大きく変わってきているんですよ。

こちらの記事では、

  • 氷川きよしは整形で顔変わりすぎ!?|昔と現在はどう変わった?
  • 氷川きよしは整形で顔変わりすぎ!?|デビュー当時などの画像と比較してみた!
  • 氷川きよしは整形で顔変わりすぎ!?|まとめ

 
についてご紹介します。
 

だんだんと女性らしくなってきたようにも見えますね。




氷川きよしは整形で顔変わりすぎ!?|昔と現在はどう変わった?


 
こちらがデビュー当時の氷川さんです。キリッとした目元が特徴的で、演歌歌手らしい凛々しさがありますよね。
 

 


 
さらにこちらが2021年の氷川さんです。どことなく女性らしささえ感じるような、上品な印象に変わっているのがわかります。

調べてみると、氷川さんが整形だと言われているパーツは大きく分けて「目」「鼻」「涙袋」、そして「肌」でした。現在はショートヘアからミディアムヘアになっていたり、表情が丸みを帯びて優し気な笑顔になっていることも印象を変えるポイントだと思われます。


▲ 目次に戻る

氷川きよしは整形で顔変わりすぎ!?|デビュー当時などの画像と比較してみた!

続いて、氷川さんが整形だと言われているパーツについて、どのように変化しているのかをチェックしてみましょう。

 


 
こちらの画像では、氷川さんは元々目尻に行くにつれて幅が広くなる「末広型」の二重に見えます。しかし、別の画像では二重幅が等間隔で「平行型」に見えたり、角度によっては一重に見える場合もあるよう。二重幅が日によって変わる人は珍しくなく、睡眠不足や体調も関係することがあります。

氷川さんの目元は整形ではなく、ぱっちりと見える日や腫れぼったく見える日があるということではないかと思われます。目頭なども元々切れ長ですし、切開をしているわけでもなさそうです。


 


 
昔の氷川さんに比べ、現在は鼻筋がくっきりと通っているのが目立ちます。鼻には人工軟骨「プロテーゼ」を入れたり、ヒアルロン酸を入れたりして高さを出す方法がありますが、双方にメリット・デメリットが存在します。

プロテーゼは1回入れると長期間メンテナンスの必要がなく、簡単に高さを出すことができますが、腫れや痛みが出る「ダウンタイム」が長くなりがちです。一方、細かく量を調整することで理想の形にしやすいヒアルロン酸ですが、次第に吸収されてしまうため数ヶ月で再度入れる必要があります。

お忙しい氷川さんですから、ダウンタイムの少ないヒアルロン酸を選んでいる可能性も高そうです。


涙袋

 


 
昔に比べて涙袋がぷっくりと印象的になった氷川さんの目元。ヒアルロン酸を入れてふくらみを持たせる方法もありますが、年齢を重ねるにつれて目元はたるみがちになり、涙袋が目立つケースも珍しくありません

現在は涙袋専用のコスメもたくさん発売されていますから、持ち前のメイクテクニックで涙袋を作り上げている可能性もあるでしょう。

 


 
氷川さんは2021年に44歳になります。しかし、昔と同じようにシワのない肌が印象的ですよね。皮膚にボツリヌス菌を入れることでシワを予防する「ボトックス注射」や、さまざまなコスメでシミ・シワを防いでいると思われる氷川さん。毎日の食事内容も、美肌を保つために気にされているのではないでしょうか?


▲ 目次に戻る

氷川きよしは整形で顔変わりすぎ!?|まとめ


 

氷川さんはいくつか整形していると思われるポイントがあるものの、現在の方向性やキャラクターにぴったり合っているように思えます。自分の理想を追い求めるために手を抜かず、日々成長し続ける姿は素敵そのものですよね

最後までご覧いただき、ありがとうございました。