【決定】I-LAND最終合格メンバーは?最終順位も紹介!

BTS(防弾少年団)やTXTを生み出した韓国のBigHitとcjが全世界へ向けて次世代グローバルK-POPアーティストグループを誕生させるオーディション番組I-LAND(アイランド)。

23人の練習生から始まったパート1を経て、選ばれた12人のアイランダー(練習生)がパート2へ進出しました。

パート2では、中盤以降、投票や評価によって1名ずつ脱落という過酷なオーディションでした。

残り9名のアイランダーになったところで、9月18日の最終回生放送を迎え、遂にメンバーが決定しました!

生放送へ参加することができる最終メンバーには、ニキとケイの日本人2人が入っていましたので期待が膨らみますね。

I-LANDからデビューできる人数は”7名”とすでに発表されていました。


7名といえば、BTSと同じ人数ですね!そのBTSも応援に駆けつけていました。

今回は、接戦を勝ち抜き、見事I-LANDメンバーになった最終合格者と最終順位をご紹介します。

\I-LAMDをパート1から全部観る/
amebatvのi-landバナー
\amebaTVの2週間無料体験でI-LANDを観る!/
 



【決定】I-LAND最終合格メンバーは?最終順位発表も!

遂に決まったI-LANDメンバー最終合格者の最終順位について、最終順位1位からみていきましょう。

まず、新しいグループの名前は「ENHYPEN」(エンハイフン)に決まりました!!

今回のI-LANDの合格メンバーは、グローバル投票と呼ばれる世界中の視聴者による投票で6名が、プロデューサーが選んだメンバーが1名の計7名に決定しました。

I-LAND合格メンバー(五十音順)

イ・ヒスン

キム・ソヌ

ジェイ

ジェイク

ニキ

パク・ソンフン

ヤン・ジョンウォン

発表の順番は、「5位→4位→3位→2位→1位→6位→プロデューサー枠」の順番でした。

1位 ヤン・ジョンウォン

1位は上位をキープし続けていたヤン・ジョンウォンさんでした。

可愛らしい雰囲気が魅力のジヤン・ジョンウォンさん。

パート1では、向かうところ敵なしで1位評価を2度も受けました。

ずっと1位をキープしながらも、前回、前々回はランキングを落としてしまい、初めてバッジをつけられない状況(8位以下)になっていました。

「頑張っているが、自信の無さが目立つ」と評価されていましたが、見事、復活1位に輝きました。

本人も、前回の順位が悪かったのであきらめていた状態だったようで、かなり驚いていました。



2位 ジェイ

2位は、アメリカ出身のジェイが選ばれました。

年齢より大人っぽい見た目で、エネルギッシュで情に厚いジェイさん。

”黒歴史”をよく作ることでも有名になっていました。

パート2の途中、ランキングが最下位になり、次に脱落するのは自分ではないかという思いから、練習生全員に直筆の手紙を渡していましたが、結局次の評価では、自己最高の3位になり、自分の目の前で手紙を音読されるという新たな黒歴史を作ってしまいました。

全てを捨てて挑戦したと言っていたI-LANDで見事デビューを決めました。


3位 ジェイク

オーストラリアから単身で挑戦しにきたジェイクさんが3位になりました。

オーストラリアから単身でI-LANDに参加したジェイク。

アイランダーのなかでは、一番練習期間が短く、パート1当初は苦戦していましたが、パート2の途中で才能が開花。その成長っぷりはすごかったですね。

プロデューサー評価で見事1位を獲得しました。

穏やかな性格で同級生のソンフンとも馬がよく合うようでした。

苦手な愛嬌のステージも克服し、見事デビューを果たしました。

選ばれた時には、足元がふらつくぐらい驚いていたのが印象的でした。



4位 ニキ

日本人メンバーのニキさんが4位にランクインしました。

ニキさんは5歳からダンスを始め、キッズダンサーとしてSHINeeのライブにも参加するなどダンスの上手さは軍を抜いていました。

トレーナーからも「ニキは本当にダンスが上手」だと認められています。

序盤はアイドルとしての魅せ方がわからず、ダンスを前面に出し、厳しい評価が続いていましたが、絶え間ない努力の結果、「Flame on」のステージで見事開花、最終的にデビューを掴み取りました。



5位 イ・ヒスン

1番最初に発表されたのは5位のイ・ヒスンさんです。

TOMORROW X TOGETHERのデビュー候補メンバーに入っていたことで、I-LAND開始当初から注目度の高かったヒスンさん。

3年を超える練習生期間を過ごし、実力もビジュアルも申し分なく最初から安定した人気を誇っていました。

整ったビジュアルの持ち主ですが、練習生の選ぶ「I-LANDで面白い人」1位に選ばれ、本人もビックリしていました。

今回は、二度目のチャレンジで見事デビューを勝ち取りました!

名前を呼ばれた時は、長い練習期間を思い出しながら泣いていたヒスンさん。

練習生時代の仲間、TXTのメンバーもとても喜んでいました。



6位 パク・ソンフン

6位は元フィギアスケーターとして韓国で7位に入賞したこともあるパク・ソンフンさんが選ばれました。

ソンフンさんは、元フィギアスケーターで韓国男子で7位に入賞した経験もある実力派。

シャイで慎重な性格だそうですが、ダンスを覚えるのが早く、真面目で練習の鬼だというソンフンは練習生からも尊敬されていました。

また、端正な顔立ちでグローバル投票でも安定した人気を誇っていました。

なかなか名前が呼ばれず不安だったと言っていましたが、見事デビューを手に入れました。


特別枠 キム・ソヌ

最後に特別枠のプロデューサー投票で選ばれたメンバーは、キム・ソヌさんでした。(投票数では8位)

ソヌさんは唯一のグラウンダーから勝ち残ったアイランドで、I-LNADの愛嬌担当としてグローバル投票でも上位メンバーでした。

パート2では、体が弱く体力がないことがが悩みだとして、1年前に大きな手術を受けたことも告白していましたが、持ち前の前向きさと明るさで、デビューを決めました。

今後も健康管理に気をつけながら活動していってほしいですね。

以上の7名が「ENHYPEN」のメンバーとなりました。



脱落メンバー

残念ながら、今回選ばれなかったメンバーは、日本人メンバーでI-LAND最年長ケイさんと、韓国人の最年少メンバー、ダニエルさんでした。

ケイ

惜しくも投票数7位は日本人の、ケイさんでした。

日本人アイランダーのケイさんは、安定した実力とマラソンで鍛え抜いたフィジカルを持った長身イケメンで、かなりの有力者と見られていたので、本当に残念です。

グローバル投票数だけで見ると「7位」でしたので、惜しい気持ちもありますが、ケイさんは、「イケメン」「ダンスの実力」「長身」「スタミナ」「ステージでの魅せ方」など全ての面においてかなり優れていますので、また違った形で必ずデビューして欲しいと思います。

他の事務所も放っておかないほど魅力的なケイさんの今後に期待しましょう!



ダニエル

残念ながら投票数、最下位はマンネのダニエルさんでした。

マンネのダニエルさんは、末っ子らしからぬ長身と落ち着いた雰囲気で、いつも一生懸命前を向いて戦っていたイメージです。

最後の挨拶では、一生懸命練習して、成長したかっこいい姿で戻ってきます!と頼もしく語ってくれていました。

まだ14歳 (2020年10月25日現在)でこんなに魅力的なダニエルさんは、これからもっと素敵な男性に成長して戻ってきてくれるでしょう!

\I-LAMDをパート1から全部観る/
amebatvのi-landバナー
\amebaTVの2週間無料体験でI-LANDを観る!/


I-LANDメンバー最終合格者の最終順位とプロフィールまとめ

I-LANDメンバー最終合格者の最終順位とプロフィールについてのまとめです。

BTS(防弾少年団)やTXTを生み出した韓国のBigHitとcjが全世界へ向けて、次世代グローバルK-POPアーティストグループを誕生させるオーディション番組I-LAND。

23人から始まったI-LANDも遂に最終回を迎え、9月18日遂にメンバーが決定しました。

I-LANDメンバーの人数は7人、グループ名は「ENHYPEN」です。

日本人からは、ニキが見事4位に選ばれました!

BTSと同じように世界へ羽ばたけるグローバルアイドルグループになって欲しいですね。

今後の活躍も追っていきたいと思います!

最後までお読み頂きありがとうございました。