うたまろ石鹸|使い方や注意点は?固形石鹸の便利な使い方や上手な使い方をサポートするグッズも紹介!

「うたまろ石鹸」をご存じでしょうか?

洗濯機ではなかなか落ちない頑固な汚れも、うたまろ石鹸なら落ちる!と評判の万能石鹸です。様々なタイプが発売されており、用途によって使い分けられるのも大きな特徴なんです!

今回は、うたまろ石鹸シリーズの中で、最もベーシックでいろいろな使い方ができる「固形タイプ」のご紹介です。便利な使い方から、汚れを効率的に落とすための洗い方まで、詳しく見ていきましょう。

うたまろ石鹸の上手な使い方をマスターすれば、頑固な汚れも怖くありません!

ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

▼洗いあがりの白さに、驚く人も多数!



うたまろ石鹸の使い方は?

引用元:公式サイト
うたまろ石鹸の効果をしっかり発揮するためには、正しい使い方を知っておく必要があります。基本的な使い方から、なかなか落ちない汚れの対処法まで一気にご紹介します!

うたまろ石鹸|基本的な使い方

まずは汚れを落としたい衣類をしっかりと濡らしましょう。固形タイプのうたまろ石鹸で落とせる汚れには、以下のようなものがあります。

・ユニフォームや運動着などについた泥
・靴下やスニーカーの黒ずみ
・シャツの襟や袖の黄ばみ
・ファンデーションやマスカラなどの化粧品
・醤油、ソースなどの食べこぼし
・水性、油性のインク汚れ

固形タイプのうたまろ石鹸は、基本的に「部分用石鹸」であることを覚えておきましょう。

衣類にたっぷり水を含ませたら、汚れの部分にうたまろ石鹸を塗り込みます。石鹸の緑色が汚れ全体を覆うまでしっかりと塗り込みましょう。

続いて、その部分を優しくもみ洗います。泡が立つにつれ、緑色の部分が白く変わっていくのがわかります。うたまろ石鹸は強い洗浄力を持っているため、この時点で汚れが落ちる場合も!汚れがキレイになっている場合は、そのままよくすすぎ、洗濯機で脱水を行ってくださいね。

まだ汚れが気になる場合は、泡を洗い流さずに洗濯機に入れます。そのまま通常の洗濯と同じコースで回してOK!すすぎが1回で済むタイプの洗剤を使用する場合でも、気になる方は通常コースでしっかりとすすいでくださいね。

うたまろ石鹸|頑固な汚れに効く洗い方

見るからに真っ黒に変色した汚れや、時間の経った汚れなどは、通常の洗い方では落とせない場合があります。その場合はいくつかの「プラスアルファ」を試してみましょう。

ブラシでこする

もみ洗いで落としきれない頑固な汚れは、洗濯用ブラシや古くなった歯ブラシなどを利用して汚れをこすり落としてあげましょう。繊維に入り込んだ汚れを落とすには、ブラシを立たせて小さいストロークで汚れをかき出すようにこするのがコツです。

また、左右にブラシを動かしてしまうと、繊維が毛羽立ち傷みの原因になってしまうことも。ブラシの動かす方向は一定を保ち、力を入れすぎないのがポイントです。

タオルを当ててたたく

醤油やソースなどのシミには、もみ洗いに「たたき洗い」をプラスするのが効果的です。落としたいシミの上に汚れてもいいタオルを濡らして当て、上からブラシなどでトントンとたたきます。次第にタオルに汚れが移っていくのがわかるのではないでしょうか?

この方法なら、シミがキレイに抜けるだけでなく、衣類を傷めないのも嬉しいですね。

漬け置きする

また、すべての汚れに効果的と言われているのが「漬け置き」です。洗面器や桶などにぬるま湯を張り、うたまろ石鹸を塗りつけてもみ洗いした衣類を漬けておくだけ!時間を置くと、汚れが繊維から浮き上がり、すすぎと共に落ちてくれやすくなります。

漬け置きの時間の目安は、およそ30分と言われています。どんなに頑固な汚れでも、30分経って1度汚れを確認してみることをおすすめします。長時間漬け置きすぎると、キレイな部分にも汚れが広がってしまう可能性があるので、注意してくださいね。


うたまろ石鹸|使うときの注意点は?

かなり優秀で、1つは持っておきたいうたまろ石鹸ですが、いくつか注意点も存在します。

1つは「柄物・色物への使用は避ける」ということ。うたまろ石鹸には「蛍光増白剤」と呼ばれる、白さを際立たせるための染料が含まれているのです。そのため、白い衣類は真っ白でキレイに仕上がりますが、柄物や色物は部分的な色落ちの原因になることも。

そしてもう1つは、どんな石鹸にも当てはまる「湿気を避けて保管する」ということ。中でもうたまろ石鹸は、生地へのなじみ安さを考えて、一般的な石鹸よりも溶けやすく作られています。使い終わった石鹸が乾ききっていないと、溶けてぬめりの原因になってしまうことも考えられます。

上記の2点に注意し、うたまろ石鹸を上手に活用していきましょう!

▼小さな子供の洗濯には、必須アイテムとなりそうです!




うたまろ石鹸|固形石鹸の便利な使い方や上手な使い方をサポートするグッズも紹介!

うたまろ石鹸をはじめ、固形石鹸を衣類に塗り込むときは、直接手で持つと滑りやすくやりづらいと感じる方も多いのではないでしょうか。

アルミホイルを巻いたり、滑り止め付きのビニール手袋を使ったりと工夫の仕方は様々ですが、うたまろ石鹸専用のケースを使うのもおすすめです!

引用元:公式サイト
うたまろ石鹸がぴったり入り、滑ったり手が汚れる心配もありません。

また、市販のこすり洗い用石鹸のケースを使い回しているという人も多いようです。100円ショップのリーズナブルなアイテムも、上手に活用している人がいるんです!

▼まるでうたまろ石鹸の為にあるかのようなケースですね。

この投稿をInstagramで見る

 

#ウタマロ石鹸 . . ナイスアイデアな情報を得て買いに行ってきました! ダイソーで売っているエリ、そで洗濯せっけん。 この中にカットしたウタマロ石鹸を入れると スティックバーになって使いやすい! . 毎回ウタマロ石鹸って汚れは落ちるけど使いづらくて。 これでそんな悩みも解消しました! ウタマロ石鹸1個でカットして3回分出来ます。 残りはラップをしてジップロックに保存しました。 詳しくはpicに書き込んでいます。 良かったら参考にしてみて下さい‍♀️ . . #ウタマロ#石鹸#石鹸バー#ダイソー#100均#スティック#プチプラ#マイホーム#暮らし#シンプルな暮らし#掃除#暮らしの道具#暮らしを整える#暮らしを楽しむ#丁寧な暮らし#こどものいる暮らし

(@_____mt.hm2)がシェアした投稿 –

▼専用ケース付きのうたまろ石鹸も販売されています。



まとめ

▼固形石鹸以外にも、様々な使い方ができる「うたまろシリーズ」も人気です。

スポーツをやっているという方や、毎日汚れて帰ってくるお子さんをお持ちの方の強い味方「うたまろ石鹸」。うたまろ石鹸を上手に活用すれば、あなたも今日から洗濯上手に♪

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
 
▼楽天、Amazonのうたまろ石鹸を見てみる♪

うたまろ石鹸関連の記事はこちらから