伊藤詩織の経歴や出身が知りたい!本名や中学・高校時代の活動などのプロフィールまとめ

自身に起きたレイプ事件をきっかけに、声を上げることすらできずにいた女性たちに希望の光をもたらしたジャーナリスト・伊藤詩織さん。幾度となく壁にぶつかりながらも、自身の訴えを曲げずに進み続けた姿に、多くの女性が勇気をもらえたはずです。

今回はそんな伊藤詩織さんについて、経歴や出身などのプロフィールを探ってみました。現在はイギリスを拠点として活動し、世界中に影響を与え続けています。

こちらの記事では、

  • 伊藤詩織の経歴や出身が知りたい!
  • 本名や中学・高校時代の活動などのプロフィールまとめ

 
についてご紹介します。



伊藤詩織の経歴や出身が知りたい!

この投稿をInstagramで見る

 

Dialogue for People(@d4p.world)がシェアした投稿

伊藤詩織さんは神奈川県出身のジャーナリストです。他にも映像作家や起業家としての肩書を持っており、マルチに活躍していることがわかりますね。何と幼少期はモデルの経験もあり、大手アパレルブランド「カルバンクライン」のCMにも起用されたことがあるそう。

 
さまざまな活躍をしているからこそ、彼女の言葉は多くの人の心に響き、影響を与えることができるのですね。

そんな彼女のこれまでの経歴は、日本に留まらず世界での活躍も華々しいもの。特にジャーナリストとしての活躍は、現在も留まるところを知りません。

伊藤詩織さんの経歴まとめ

・1989年:神奈川県で生まれる
・1998年:モデルとして活動
・2014年:ニューヨークにある大学でジャーナリズムと写真を学ぶ
・2015年:BBC、ロイター通信で働く
・2017年:「Black Box」を出版
・2018年:「Undercover Asia: Lonely Deaths」がドキュメンタリー部門銀賞を受賞
・2018年:「Witness – Racing in Cocaine Valley」がスポーツ&レクリエーション部門銀賞を受賞
・2018年:「Lonely Death」が国際メディアコンクールNew York Festivals2018で銀賞を受賞
・2018年:拠点をロンドンに移す
・2018年:カルバンクラインのCMに出演する
・2020年:TIME誌「世界で最も影響力のある100人」に選出

また、世間が伊藤詩織さんについて知るきっかけとなったのが、TBSテレビの記者・山口敬之氏との「レイプ問題」。飲酒後に強制的に乱暴を受けたと主張する伊藤詩織さんと、その事実はないとする山口敬之氏が真っ向から争った事件です。

最初に被害届を出してから事態が終息するまでにかかった時間は、なんと5年以上。最終的には伊藤詩織さんの訴えが認められ、山口敬之氏に330万円の支払いが求められました

この事件は当人たちだけでなく、第三者がSNSで伊藤詩織さんに向けた誹謗中傷コメントを送り付けたのも大きな問題となりました。当事者でないにもかかわらず、知ったかのような口ぶりでコメントする悪質ツイートにも負けず、伊藤詩織さんは戦い抜いたのです。

 
2017年には、事件の真相と性暴力について記したBlack Box」を出版。世間にはびこる性被害について知るためにも、一度手に取りたい作品です。
 

「Black Box」を購入するならこちら 

 



▲ 目次に戻る

本名や中学・高校時代の活動などのプロフィールまとめ

続いて、伊藤詩織さんの詳しいプロフィールについて見てみましょう。事件のさなか、SNSにて「偽名を使っている」と言われたことから騒動に発展した伊藤詩織さん。しかし実際は偽名などではなく、生まれた時から「伊藤詩織」というお名前で生きてきた方です。

たった1つの嘘でも、多くの人の目に触れればあたかもそれが真実であるような扱いを受けてしまうことがあります。SNSを中心とした生活をする中では、個人の持つ「発言力」に注意していきたいものですね。

伊藤詩織さん プロフィール

・本名:伊藤詩織
・生年月日:1989年
・出身地:神奈川県
・学歴:ニューヨークにある大学卒

中学・高校と日本の学校に通っていた伊藤詩織さんですが、高校時代にはアメリカ・カンザス州へのホームステイも経験しています。現在も英語を自在に話す伊藤詩織さんですが、学生時代からの並々ならぬ努力があったことがわかりますね。

また、その後日本にて短期大学を卒業後、ニューヨークへと渡り大学へ入学しています。それぞれの学校名は明かされていませんが、現在の活動から見てもレベルの高い学校であると思われます。


▲ 目次に戻る

まとめ

今回は主にジャーナリストとして活動する伊藤詩織さんについて、その華々しい経歴をまとめてみました。逆風にも負けず、自分を信じて戦い続けた伊藤詩織さん。彼女のような「強さ」を身につけ、自分の道を自分で切り開いていきたいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。