草野華余子の出身高校大学と年齢プロフィール|学生時代は性格暗かった?

鬼滅の刃で一躍有名になった「紅蓮華」を作曲した「草野華余子」さん。

この投稿をInstagramで見る

 

草野華余子(@kayoko_ssw)がシェアした投稿

作詞家・作曲家としてアーティストへの楽曲提供をしたり、シンガーソングライターとして、ご自身でも歌ったりと、幅広く活躍されています。

2021年も、その活躍から目が離せない草野華余子さんの

  • プロフィール
  • 学歴
  • 性格

について、ご紹介します。



草野華余子プロフィール

本名 草野 華余子
読み方 くさの かよこ
出身地 大阪府
生年月日 1984年2月25日
年齢 37歳 (2021年09月28日現在)
身長 非公表
体重 非公表
血液型 A型
ツイッター https://twitter.com/kayoko225
インスタグラム https://www.instagram.com/kayoko_ssw/

 

草野華余子の学歴

学校 靴箱 フリー画像

ここから「小中学校」「高校」「大学」について、ご紹介します。

小中学校

草野さんは、出身小学校・中学校ついて、公表していません。

出身を大阪府と公表しているため、大阪府内の学校を卒業されていると推察されます。

しかし、ネットやSNSを調べまくりましたが、情報を見つけることができませんでした。

これだけのヒットメーカーなのに、情報が全くないのも珍しいことです。

今後、もっと活躍するにつれて、明らかになるかもしれませんね。

高校

草野さんは、出身高校についても公表していませんが、過去にツイッターにて
「音楽コースがある高校だった」
とつぶやいています。

このことから、ネット上では大阪府内のいくつかの高校が候補にあがっています。

  • 帝塚山学院高校 ヴィルジェコース(偏差値:55)
  • 大阪府立夕陽丘高校 音楽科(偏差値:60)
  • 相愛高校 音楽科(偏差値:48~53)
  • 大阪夕陽丘学園高校 音楽コース(偏差値:46~54)

草野さんが、どの高校を卒業されているかということは、残念ながら分かりませんでした。

しかし

  • 音楽コースがある高校を卒業されている
  • 音楽について学んでいた経歴がある

ということは、間違いないようです。

草野さん自身のプロフィールには、

  • 3才からピアノと声楽、イタリア歌曲を専攻
  • 5才ころに作曲を始める

と書かれています。

草野さんは、草野さんは、幼少期から音楽の勉強をし、さらに高校でも音楽を学んだプロフェッショナルであるということが分かりました。



大学

関西大学 社会学部 (偏差値:57.5~60)

関西大学 社会学部

>>公式HP

この投稿をInstagramで見る

 

草野華余子(@kayoko_ssw)がシェアした投稿

草野さんが卒業された関西大学は、関西地区では神戸大学に次ぐ難関大学として知られています。

このことから、草野さんがとても頭が良いことが分かります。

中学生のころ、J-ROCKシーンのバックサウンドに衝撃を受け、音楽に興味を持ち始めた草野さん。

大学では、「軽音楽Ⅰ部」に所属し、本格的にバンド活動を始めました。

関西大学のホームページには、草野さん自身が大学時代について紹介しています。

その内容は

  • 矢井田瞳やbirdに憧れて関西大学へ進学したこと
  • 思い出は、学業よりも軽音楽部のことばかり
  • 学園祭でのライブ出演は忘れられない思い出

バンド活動に熱中していたことが伝わります。

参考記事:関西大学

大学2年生のときに、これまでに書き溜めた曲を先輩たちに披露した草野さん。

先輩たちからは

  • 才能がある
  • オーディションを受けるべき

と、大絶賛されました。

このことが転機となり、どんどん音楽に夢中になった草野さんは
「卒業後は、音楽で生きていこう。」
と、自然と思うようになったそうです。

大学時代で、すでに周囲の人に才能を認められていたのですね。



草野華余子の性格

ここから「性格」「改名の理由」について、ご紹介します。

性格

草野さんは自身の性格について
「サバサバ見られがちなんですけど恋愛体質で、過去のいじめの経験から自己肯定感が高い方じゃない。」
「もともとアニメ好き、声優好きのオタク気質。とことん調べつくしたくなる性格です。」
と話しています。

ツイッターでも自身の過去を
「コスプレして同人誌を書いていたズブズブのオタク」
と表現しています。

そんな草野さんだからこそ、鬼滅の刃のOPテーマである、紅蓮華という名曲を生み出せたのかもしれません。

草野さんが楽曲提供する際、アーティストのSNSを遡ったり、インタビュー記事を片っ端から読み込んだりして、イメージを掴むそうです。

作曲作業は、膨大なエネルギーを必要とし、「作り終えた後は、一週間は動きたくない。」と思うんだとか。

めちゃくちゃ真面目で努力家なのが伝わりますね。

参考記事:BARKS

改名の理由

草野さんは元々、2007年頃から「カヨコ」名義で活動されていました。

本名である草野華余子に改名したのは、2019年2月25日の自身の35才の誕生日でした。

改名した時の、草野さんのブログはこちら▼
>>草野華余子公式ブログ

カヨコという名義について

実際の自分は、陰鬱というか鬱々とした面を持っているが、人前に立つときは「カヨコ」という明るいゴッド姉ちゃんのキャラクターを自然とおいていた

と話す草野さん。

改名については、

  • そもそもの自分との差異が無くなり完全に一つになった
  • 楽曲提供しているのも、夜中に泣いてしまうのも、全て自分
  • 草野華余子という本名で、音楽史に名を残したくなった

ことから決意したそうです。

めちゃくちゃ自分のことを分析していますよね。

このエピソードから見てみても、草野さんが真面目で、音楽へ真摯に向き合っていることが分かります。

ちなみに、改名後初めて来たお仕事が「紅蓮華」だったそうですので、改名は大成功でしたね。

参考記事:skream!



草野華余子のプロフィールと学歴のまとめ

  • 華野華余子さんは大阪府出身で、2007年頃から「カヨコ」名義で活動を始め、2019年2月25日に本名に改名して活動されています。
  • 卒業した小中高については公表していませんが、高校は、音楽コースがある高校だったことは分かっています。
  • 大学は、「関西大学社会学部」で、軽音楽部に所属し、バンド活動に熱中していました。
  • 草野さんは自分のことを、恋愛体質でアニメ好きのオタク気質と分析し、過去にはコルプレして同人誌を書いていたこともあるそうです。

草野華余子さんについて、ご紹介しました。

アニメ好きの草野さんだからこそ、アニソンの楽曲提供でいい曲を作れるのかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。