麻生太郎の若い頃がお洒落なイケメンって本当?幼少期から現在までの画像を時系列で比較してみた!

2022年現在、総理大臣を支える右腕的存在である副総裁・麻生太郎氏。歯に衣着せぬ物言いでおなじみですが、若い頃を知っている人からは「お洒落だった」「イケメンだった」との声が多く寄せられているようです。

こちらの記事では、

  • 麻生太郎の若い頃がお洒落なイケメンって本当?
  • 幼少期から現在までの画像を時系列で比較してみた!

 
についてご紹介します。



麻生太郎の若い頃がお洒落なイケメンって本当?

今は職務中に眉をひそめ、険しい顔つきをしている様子がイメージしやすい麻生太郎氏。時折笑顔を見せることはありつつも、「シブイ」という印象を持つ人が多いのではないでしょうか。実は若い世代が麻生太郎氏に抱くイメージと、年配の方が抱くイメージには大きな差があるというのです。

こちらの投稿では、若い頃の麻生太郎氏を写した画像が投稿されています。今の面影をありありと感じながらも、キリッとした目元が印象的なイケメンですね。これならばさぞ周りの女性はときめいていたことでしょう。

そもそも現在の麻生太郎氏も、界隈では「イケオジ」と評判!テレビで見るだけでは分かりにくいですが、実は身長175cmで足が長く、スタイルの良さもしばしば話題に。時に暗い顔ばかり映る国会ですが、真面目な表情もクールで素敵に見えますね。



▲ 目次に戻る

幼少期から現在までの画像を時系列で比較してみた!

若い頃がイケメンだった麻生太郎氏ですから、幼少期もきっと可愛らしい子どもだったのでは……と気になっている人が多いのではないでしょうか。続いては麻生太郎氏がまだ小さかった頃から現在まで、時系列に沿ってお顔立ちの変化を見てみましょう。

幼少期

写真左:麻生太郎氏/写真右:麻生次郎氏(実弟)

自身を含め7人兄弟の長男である麻生太郎氏。特にすぐ下の弟・次郎氏と写った写真が多く、当時から中が良かったのが伝わります。

幼少期

写真左から吉田茂元内閣総理大臣/麻生太郎氏/麻生和子氏/麻生太賀吉氏

父親である太賀吉氏は、なんと息子のために小学校を創立するほどの財力と行動力を兼ね備えた人物でした。入学できる生徒は限られており、将来日本を牽引する存在となるための勉学を重ねていたと考えられます。

大学時代

学習院大学政治経済学部を卒業後、スタンフォード大学大学院、ロンドン大学政治経済学院といった名立たる大学へ留学経験のある麻生太郎氏。勉学のみに没頭するのかと思いきや、ヨットやクレー射撃などスポーツも万能だったようです。

政界入り当時

・1979年~1983年/1986年~現職:衆議院議員
・2001年~2001年:経済財政政策担当大臣
・2001年~2003年:自由民主党政務調査会長
・2003年~2005年:総務大臣
・2005年~2007年:外務大臣
・2007年~2007年/2008年~2008年:自由民主党幹事長
・2008年~2009年:内閣総理大臣/自由民主党総裁
・2012年~2021年:副総理/財務大臣/内閣府特命担当大臣(金融)
・2021年~現職:自由民主党副総裁

これまで途切れることなく要職を務めてきた麻生太郎氏。政界入りを果たしたのは30代後半でしたが、年齢よりも若く見えると話題になりました



▲ 目次に戻る

麻生太郎関連の記事はこちらから






▲ 目次に戻る

まとめ

今ですら「イケオジ」と呼ばれる麻生太郎氏ですが、若い頃はさらに爽やかなイケメンだったことが分かりました。知識、運動神経、そして整ったお顔立ちを兼ね備えた政治家として、今後も日本をけん引してくれるでしょう。