藤井聡太高校の偏差値は?大学進学はする?両親の出身大学についても!

最年少棋士ながら、快進撃を続ける藤井聡太さん。

中学生の時にプロ棋士になった藤井聡太さんも、もう高校3年生です。→2021年2月16日、藤井聡太さんは2021年1月末に自主退学したことを発表しました!

そろそろ次の進路についても考える時期なのではないでしょうか。

そんな藤井聡太さんについて、

・高校と偏差値は?(退学理由も追記)

・大学進学はするの?

・両親の出身大学は?

について調べてみました。



藤井聡太の高校はどこ?偏差値は?

藤井聡太の高校はどこで偏差値はどのくらいなのでしょうか?

【追記】
藤井聡太さんは、2021年1月末に高校を自主退学したと発表されました。
自主退学の理由についても追記しています。

まず藤井聡太さんのプロフィールからみていきましょう。

藤井聡太プロフィール

生年月日: 2002年7月19日
年齢:19歳 (2021年07月24日現在)
出身地: 愛知県 瀬戸市
プロ入り: 2016年10月1日(14歳)
棋士番号: 307
一般棋戦優勝回数: 3回
段位: 七段
家族構成:父、母、兄

藤井聡太の高校はどこ?

藤井聡太さんの高校はどこなのでしょうか?

藤井聡太さんの出身高校は、愛知県にある名古屋大学教育学部附属高校という中高一貫教育の学校です。

【名古屋大学教育学部附属高校】
住所:〒464-0814 愛知県名古屋市千種区不老町

名古屋大学教育学部附属高等学校の校舎

新しくキレイな高校ですね。

【名古屋大学教育学部附属高等学校の地図】

名古屋大学教育学部附属高等学校は、名古屋大学に併設されている公立高校です。


藤井聡太の出身高校の偏差値は?

藤井聡太さんの出身高校の偏差値はどのぐらいなのでしょうか。

藤井聡太さんは、中学生の時にプロ棋士になるぐらいの頭脳の持ち主ですので、かなり頭は良いと思いますが、名古屋大学教育学部附属高校の偏差値はどれぐらいなのか気になりますよね。

【名古屋大学教育学部附属高校の偏差値】引用元:みんなの高校情報

名古屋大学教育学部附属高校の偏差値は61でした。

平均偏差値は50ですので61は高いと言えますね。

愛知県内で413位中47位、全国では、10,054位中1218位ということですので、偏差値はかなり上位になります。

同じ高校出身の有名人には、加藤晴彦さん(俳優)、中西哲生さん(スポーツジャーナリスト、元サッカー選手)、辻元清美さん(衆議院議員)がいらっしゃいます。


自主退学の理由

藤井聡太さんは、無事に卒業するかと思われた矢先、2021年1月末で自主退学をしていたことがわかり衝撃を与えました。
卒業まであと1~2ヶ月のこの時期に、自主退学を選択した理由は何だったのでしょうか。

藤井聡太さんが連盟を通じてコメントを出しています。

「タイトルを獲得できた事で将棋に専念したい気持ちが強くなりました。
秋に意思を固め、数回学校と話し合いをした上、1月末日付で退学届けを提出いたしました。
一層精進していく所存ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます」

タイトル獲得により、将棋(仕事)への責任感が強くなったということでしょうか。
元々、藤井聡太さんは高校への進学も希望していませんでしたので、余計に将棋の道への思いが強くなったのかもしれませんね。

また報道によると、2018年の高校入学時以前から棋士として活動して多忙な日々を送っていましたが、東京や大阪などへの遠征で事業を欠席せざるを得ないことが多かったようです。
藤井聡太さんは棋士としてもどんどん挑戦し、今期は棋聖戦五番勝負、王位戦七番勝負にも臨み、いずれも獲得したこともあって、より多忙な生活だったとしています。

世間からするとちょっと贅沢な悩みのようですが、ご本人は本当に大変だったのでしょうね。


藤井聡太は大学進学する?

藤井聡太さんは大学に進学するのでしょうか。

藤井聡太さんのご両親は、共に大学卒ということですので、一般的に見ると子供は親と同じ学歴の場合が多いので、藤井聡太さんも大学進学の可能性は大いにあると言えます。

また、藤井聡太さんの母親、裕子さんは、教育熱心で知られており、幼少期からモンテッソーリ教育を取り入れた幼稚園に通わせるなど、子供の自主性を尊重しながら教育することを心がけてこられたようです。

藤井聡太さんは中学生の時にプロデビューしましたので、これからプロとして試合などを行っていく上で時間の制限を受けることから、高校進学を希望していなかった時にも、母親の裕子さんは、高校へ進学して欲しいとメディアで話されていました。

結局、ご両親との話し合いの末に高校進学を決められたということもあり、大学進学も同じようになるのではないかと考えられます。

プロ棋士界においては、羽生善治棋士(名人)、渡辺明棋士(竜王)、久保利明棋士(王将)、中原誠棋士(十六世名人)、谷川浩司棋士(九段)など中卒のプロ棋士が多かったですが、ここ最近は、大学卒、大学院卒のプロ棋士も増えてきているようですし、個人的にも若い年代でしかできない経験もしておいて欲しいなと思ってしまいます。



藤井聡太さんの通う名古屋大学教育部付属高校の偏差値は61ということですので、もし大学進学をするとすれば偏差値60~65ぐらいの大学に進学されるのではないかと考え、東京都の私立文系大学の偏差値を調べてみました。

愛知県在住の藤井聡太さんに東京都の大学を調べたのは、今は自宅から対局の度に始発に乗って通っているとのことでしたので、大学生になり親元を離れて東京へ行く可能性が高いのではないかと推測したからです。

【私立文系大学偏差値60~65の大学】引用元:みんなの大学情報

さすが偏差値60以上の大学ですね、明治大学、中央大学、学習院大学、國學院大學など、名が通った大学ばかりです。

棋士は頭が良くないとできないと思いますので、藤井聡太さんがどの大学に進学されても不思議ではないですね。

しかし他のプロ棋士の出身大学を調べていると、加藤一二三(九段)や丸山忠久(九段)、北浜健介(七段)、広瀬章人(王位)、中村太地(四段)、早水千紗(女流二段)などプロ棋士の大学出身者の多くが早稲田大学卒ということが判明しました。

その理由は早稲田大学の「一芸入試」という制度にあるようです。

「一芸入試」とは、特別な技能を有する高校生に適用される試験制度ですので、スポーツ選手や芸能人なども多くこの制度で入学しています。

あの加藤一二三さんも早稲田大学のご出身だったんですね。

そう考えると、藤井聡太さんが早稲田大学に進学する可能性も大いにありそうです。



藤井聡太の両親の出身大学は?

藤井聡太さんを育てられたご両親の出身大学はどこなのでしょうか、気になります。

藤井聡太さんの家族構成は、父の正史さん、母の裕子さん、4歳上の兄、皓介さんの4人です。

【藤井聡太棋士の母親、藤井裕子】

調べてみると、2017年の毎日新聞の記事に、藤井聡太さんの父親と母親は同じ大学出身の同級生ということが載っていました。

残念ながら、藤井聡太さんのご両親の出身大学についての確かな情報はわかりませんでしたが、藤井聡太さん一家のすぐ隣に祖父母が住んでいると言われていることから、少なくとも藤井聡太さんの祖父母の代から愛知県瀬戸市にお住まいということですね。

大学の同級生で結婚、藤井聡太さんの父親のご両親の隣に住んでいることを考えると、割と近くの大学に通われていたのではないでしょうか。




藤井聡太は大学進学する?高校の偏差値は?両親の出身大学まとめ

藤井聡太は大学進学する?高校の偏差値は?両親の出身大学についてのまとめです。

14歳でプロ棋士になった藤井聡太さんは、学校へ通うと時間が制限されるからという理由で高校への進学を望んでいませんでしたが、母親の裕子さんは高校へ行って欲しいという希望を抱いており、藤井聡太さんは高校へ進学しました。→しかし、2021年1月末日に自主退学されました。

今回もお母様が大学進学を望んでいることから、藤井聡太さんは大学進学す可能性も十分あるのではないかと思います。

自主退学を受けて考えると、大学の進学は棋士としての人生が少し落ち着いた時に挑戦されるのではないでしょうか。

高校は中高一貫校の名古屋大学教育学部附属高校出身で、偏差値は61ということです。

ご両親の出身大学名はわかりませんでしたが、お二人は大学の同級生だそうです。なんだか素敵ですね。

藤井聡太さんは大学進学するのか、今後棋士としてどう成長していくのか、期待して見守りたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました!