ペルセウス座流星群2019年8月東京近郊で見える方角やピーク日、時間を紹介!おすすめスポットも

夏の風物詩とも言えるペルセウス座流星群。「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」「ふたご座流星群」は3大流星群と呼ばれていますが、その中でもペルセウス座流星群は1位の流星数を誇ります。2019年は、残念ながら観測条件がよく有りません。ピーク時間が早かったり、満月に近い月明かりだったりと、悪い条件が揃っています。ただ、明るい流星数が多いので、見方次第では確認できそうです。
ペルセウス座流星群を観測できる方角、日時を確認していきましょう。東京から行けるおすすめ観測スポットもご紹介しています。



ペルセウス座流星群2019の方角やピーク日、時間は?

2019年のペルセウス座流星群は、日没前に流星数のピーク(極大)を迎えます。そのため、極大と観測しやすい時間帯が違ってきています。
また、月明かりの影響を受けやすく、方角も要チェックです。
観測しやすい方角、日時を見ていきましょう。

ペルセウス座流星群2019が観える方角

一般的に流星群は、どの方角からでも観測することが出来ます。ただ、今回のペルセウス座流星群は月の状態が良くありません。
月齢が満月に近く、月明かりが流星群の邪魔をして暗めなものは肉眼では見えなくなってしまいます。月明かりを避ける工夫として、方角のチェックが必要となります。
満月から新月(何も見えない状態の月)までの周期で見ると、8月13日は満月の前々日、明るい月になりそうです。
月齢カレンダー8月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月明かりを避ける工夫としては、月を視界に入れないように観測することが有効です。
月明かりの影響を受けにくい方角は、
・22時~0時頃は西側
・0時~2時頃までは東側
・一晩を通して北側
このポイントを気にして目を向けていれば、月が視界に入りにくくなります。

ペルセウス座流星群2019が観える時間

流星電波観測国際プロジェクト」が公開している情報によると、ペルセウス座流星群は、7月17日~8月24日まで活動を続けています。
流星数がピークと言われる極大を迎えるのは、8月13日16時頃です。
ペルセウス座極大

 

 

 

 

 

 

 

日が沈む前に最大数が来るという、残念な条件です。
悪条件ではありますが、全く期待できないわけではありません。ペルセウス座流星群は明るい流星が多く数自体もたくさん流れるので、流星数は減りますが観える可能性は高いです。


ペルセウス座流星群2019東京のおすすめ観測スポット

星がキレイに観える最低条件といえば、
①街明かりが少ないこと
②周りが開けていること
③空気が済んでいること
この3つは抑えておきたい所です。条件を満たした東京の観測スポットをご紹介します。

奥多摩湖ダムサイトパーキング

新宿駅から電車で1時間40分、JR奥多摩駅からバス約15分という好アクセス地ながら、大自然を味わえます。奥多摩からの満点の星空、圧巻です。ただ、街灯が多く、明かりの近くでは肉眼で観える流星数が減ってしまいます。明かりが少ない場所を探してみて下さい。
住所:東京都西多摩郡奥多摩町原

奥多摩湖ダムサイトパーキング

 

 

 

 

 
 

堂平天文台「星と緑の創造センター」

天体観測所や宿泊施設などが併設された施設。天文台で望遠鏡を使用することができますが、肉眼でも十分楽しめます。夜間は防犯上の理由から門が閉められますので、宿泊される方以外は門の外から、観察することになります。
住所:埼玉県比企郡ときがわ町大字大野1853

堂平天文台「星と緑の創造センター」

 

 

 

 

 

 

九十九里浜ビーチタワー付近

九十九里浜の不動堂海岸にある巻き貝型の展望台付近。ドライブデートの定番として有名ですが、海岸線は日が暮れると真っ暗に。流星群の観察にはもってこいのロケーションです。
住所:千葉県山武郡九十九里町不動堂

九十九里浜ビーチタワー付近

 

 

 

 

 

 

県立印旛沼公園(けんりついんばぬまこうえん)

東京都心から車で1時間ちょっとで行ける印旛沼公園。標高の高い場所程ではありませんが、明るい星が多いペルセウス座流星群であれば観ることができます。広い芝生広場で視界が開けている事で、寝っ転がると全天を見渡せる場所です。
住所:千葉県印西市師戸

県立印旛沼公園1

 

 

 

 

 

 県立印旛沼公園2

 

 

 

 

 

 

夢の島公園

近場で観たい方は、こちらがおすすめ。車で1時間半以上離れた場所とは差が出ますが、東京都内でも観ることが出来ます。
住所:東京都江東区夢の島2丁目1

夢の島公園

 

 

 

 

 

ペルセウス座流星群2019東京のまとめ

毎年流星数が豊富で、夏休みの一大イベントとなっているペルセウス座流星群。2019年は観測条件は良くないものの、流星の数が多く明るい星も多いので、月明かりを視界に入れないよう観測すれば、流星は確認できると思います。
観測できる場所は標高が高い所が多く、夏でも気温が下がります。お出かけになる際は、上着を忘れずにお持ちくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。