【画像】イケメン高橋奎二(ヤクルト)の出身中学高校や身長は?年俸・成績も!

元AKB48の板野友美さんと、ヤクルトスワローズの高橋奎二選手が結婚を発表しました。

2人は1年半の交際期間を経て、2021年1月5日に入籍したとのこと。

2021年の始まりから、おめでたい話題ですね。

この投稿をInstagramで見る

 

高橋奎二(@keijitakahashi514)がシェアした投稿

AKB48時代「神7」の1人として絶大な人気を誇っていた板野友美さん。

そんな元アイドルを奥さんにした高橋選手ってどんな人?って思ったのですが、イケメン選手として人気とのことで、どれくらいイケメンなのかが気になります。

高橋奎二選手の

  • イケメン画像
  • プロフィール
  • 年収と成績

について、ご紹介します。



高橋奎二のイケメン画像

一部ファンからは、「竹野内豊に似ている」なんて言われている高橋選手。

そのルックスから、女性ファンも多いみたいです。

そんな高橋選手のイケメン画像を、ご紹介します。

ヤクルト 高橋奎二 選手画像

この投稿をInstagramで見る

 

高橋奎二(@keijitakahashi514)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

高橋奎二(@keijitakahashi514)がシェアした投稿

https://twitter.com/eh0_pb/status/1193508898138775557


たしかにどの画像も、芸能人にいそうな、爽やかなイケメンですね。

高橋選手は、高校時代からイケメンで有名だったようで、当時の画像も見つかりました。

板野友美さんとの結婚を機に、改めて高橋選手ってイケメン!!という声もあがっています。

↓イケメンすぎて画像集めてしまった。
https://twitter.com/akb_fortyeight/status/1346175976896544769

↓カッコ良いなぁと思って、パチリ📷しちゃってた

↓けーじくん結婚かぁ。ヤクルトで1番のイケメンがー!!



高橋奎二プロフィール

【基本プロフィール】

名前  高橋 奎二
読み方 たかはし けいじ
生年月日 1997年5月14日
年齢 23歳 (2021年01月17日現在)
出身地 京都府亀岡市
身長  178㎝
体重  73㎏
血液型 O型
登場曲 FLYING B (REMIX) [Explicit] / CITY-ACE

【学歴】

出身小学校 学校名不明

所属クラブは「篠少年野球クラブ」

出身中学校 亀岡市立東輝中学校
出身高校  龍谷大学付属平安高校

【SNS】

Twitter 高橋奎二
Instagram 高橋奎二
Facebook  無し

 

高橋奎二の年収と成績

2021年は、プロ6年目に入る高橋選手。

これまでの「推定年収」と「成績」について、ご紹介します。

推定年収

2016年 600万円
2017年 580万円
2018年 580万円
2019年 700万円
2020年 1700万円
2021年 1450万円

ドラフト指名を受けた際の契約金は、推定5000万円でした。

成績

ここから「投手」「打率」について、ご紹介します。

投手

2018年 1勝1敗
2019年 4勝6敗
2020年 1勝3敗

 

2018年までは、1軍と2軍を行ったり来たりだった高橋選手。

2019年、初めて先発ローテーション入りしました。

結果、19試合に先発出場し、4勝6敗という今後に期待できる成績を残しています。

そのことから、2020年の年収が大幅アップになっているようです。

打率

2018年 0.000
2019年 0.200
2020年 0.067

東京ヤクルトスワローズ個人別年度成績一覧

まだまだ伸びると噂の高橋選手。

2021年1月現在23才と、まだまだお若いようです。

板野友美さんは、6才年上の奥さんになるのですね。

ネット上には、結婚後の活躍に期待する声がありました。

↓今年は先発ローテ入りに期待だね♪

↓投げっぷりが気持ち良く、ヤクルトの若手の中で1番期待している投手。より一層頑張ってほしい。

↓高橋奎二がともちんと結婚ね〜。球速いしポテンシャルはありそうだし頑張って欲しい



高橋奎二(ヤクルトスワローズ)のプロフィールと年俸のまとめ

  • 元AKBの板野友美さんと結婚した高橋奎二選手は、イケメンで人気があり、竹野内豊と噂になっています。
  • 2021年はプロ6年目に入り、年収は1450万円と推定されています。
  • 成績は2019年から上昇傾向で、今後も伸びることが期待されている選手です。

ヤクルトスワローズの高橋奎二選手について、ご紹介しました。

板野友美さんの内助の功で、今後どのような活躍を見せてくれるのか、楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。