呪術廻戦の五条が目隠しをしている理由って何?封印が解除されて復活するのが待ち遠しい!

現在アニメ・コミックス共に大人気となっている「呪術廻戦」。さまざまなキャラクターがいる中でも、「最強の呪術師」と噂の五条悟は、その強さはもちろん「目隠し」をしていることでも話題となっていますよね。2021年2月現在、封印されてしまっている五条。いったいいつ復活するのかも気になるところです!

こちらの記事では、

  • 呪術廻戦の五条が目隠しをしている理由って何?
  • 封印が解除されて復活するのが待ち遠しい!

 
についてご紹介します。

本記事はネタバレを含みます。まだ続きを見ていない人は注意してくださいね。


呪術廻戦の五条が目隠しをしている理由って何?


 
五条悟は、「東京都立呪術専門高等学校」の教師として働いています。日本に4人しかいないとされる「特級呪術師」の称号を持っているのに加え、呪術界御三家の1つ「五条家」の出身であり、トップクラスの力を持っていることは間違いありません

「両面宿儺の指」を取り込んでしまい、死刑に処されそうになる主人公・虎杖悠仁をかばい、自身の勤める高専に入学させた恩人でもあります。

そんな五条は、作中のほとんどで目元を隠すスタイルで登場するのが特徴的ですよね。ある時は黒い布のようなもの、ある時はサングラス、さらには包帯で隠していることも。これにはいったいどんな意味があるのでしょうか?


 
五条が常に目元を隠している理由は、「不要な戦いを避けるため」。彼は術式の情報を目で見て確認することができる「六眼」という力を持っており、この力をむやみやたらに使うことがないように目をふさいでいると言われています。

通常、呪術師が目元を隠すのには、視線を感じて襲ってくる呪霊を避けるためと言われていますが、元々かなりの力を持っている五条には、弱い呪霊が向かってくるとは考えにくいもの。行く先々で戦いになることがないよう、常に目隠しをしているということでしょう。


 
また、目隠しを外した姿の五条もファンからの人気は上々!白髪に碧眼という神秘的な雰囲気が、五条の強さをより一層感じさせてくれますよね。


▲ 目次に戻る

封印が解除されて復活するのが待ち遠しい!


 
五条は現在、「獄門疆」と呼ばれる場所に封印され、動けない状態にあります。これは「封印できないものはない」と言われるほどの特級呪物で、さすがの五条も封印の条件が発動したことで閉じこめられてしまうことに。

五条を封印した人物は、現在五条の親友「夏油傑(げとう すぐる)」に扮した姿で登場しています。かつて夏油は守るべき非術師の護衛に失敗したことで心に迷いが生じ、非術師を全員殺害することを計画。これを止めるため、最後に親友である五条の手で殺されることに……。

このとき、夏油の遺体を持ち帰って体を乗っ取った人物こそ、現在五条を封印している人物であると考えられます。

▼あっけらかんとした明るさを持つ五条なだけに、ファンの心配もピークに。

現在は五条が復活する気配はなく、五条本人から力を認められている「秤(はかり)」や「乙骨(おっこつ)」の活躍が期待されています。ストーリーはこのまま「両面宿儺」との戦いへと進んでいくと思われますが、さすがにそこまでいくと五条の力なしでは戦いは困難を極めるでしょう。

また、作者の芥見先生からは、「五条がいなくなったおかげで2020年はいい年になりそう」というコメントが寄せられており、なんだかしばらくは復活しないニュアンスを感じます。

誰から見ても負け知らずで強いイメージの五条ですが、その一方で親友であった夏油の悩みに気がついてあげられず、自らの手にかけるという暗い過去を持っています。中身は違う人間だとしても、夏油の姿で戦いを挑んでくる敵に対し、心が揺らいでしまってもおかしくありませんよね。

▼これまでか、と思った瞬間に五条が復活すれば、一気に形勢逆転もありそうです。




▲ 目次に戻る

呪術廻戦関連記事

他にも呪術廻戦関係の記事があります。






▲ 目次に戻る

まとめ

▼完全体の両面宿儺は、さすがの五条でも「しんどい」くらいの強さです。


 

男女問わず多くのファンから慕われている最強の呪術師・五条悟。まだ呪術廻戦を読んだことのない人も、五条のこれからが気になってきたのではないでしょうか。大人気でコミックは売り切れ続出の呪術廻戦、これを機に楽しんでみては

最後までご覧いただき、ありがとうございました。