ハケンの品格2のキャストに大泉洋はでないの?市村正親の役柄は?

2007年に放送され話題となったハケンの品格。

あれから13年の時を経てハケンの品格の続編が2020年4月から放送されます!

前作は大人気だっただけに続編ながらもすでに楽しみにしている人も多いのではないでしょうか??

キャストやストーリーはどうなっているのか!?

大泉洋は出るのか?あらすじやネタバレは!?などなど

皆さんが気になる内容をお伝えしたいと思います!

 

 



ハケンの品格2のキャストに大泉洋はでないの?

 

やはりハケンの品格の続編ということで気になるのは前作とキャストは変わるのか。

大泉洋さんは出るのか??というところですよね。

 

続編が決まったときのキャストの発表時点では大泉洋さんの名前はありませんでした。。。

 

しかし!!!

特別出演ということで出演が決まりました!!!

 

「くるくるパーマ」の再来、楽しみですね!

 

それでは大泉洋さんの役柄やコメントを紹介していきます!

 

大泉洋の役柄

東海林 武

(しょうじ たけし)

44歳

S&F 旭川支社 支社長補佐

旭川で本社への栄転を虎視眈々と狙う、暑苦しい昭和男。

一度結婚したがすぐ離婚した。

公式Twitterはこちら↓




大泉洋のコメント

公式ページより

続編のお話をいただいた時には既に舞台の出演が決まっていまして…。
しかし「ハケンの品格」は私にとって非常に思い出深い作品ですので何としても出たい、とスケジュールなど色々調整し、何とか出演できる事になりました。確か前作の時も舞台とスケジュールが被っていたような気がします。不思議な話ですが、なんであれまた出演させていただけるのは光栄ですし、13年ぶりにまた皆さんにお会いできると思うと今からとても楽しみです。

台本を見る限りまた篠原さん演じる大前春子とやり合う事になりそうですので、是非楽しみにお待ちください。

 

ハケンの品格公式サイトはこちら▼
ハケンの品格公式サイト

 



市村正親の役柄

市村正親さんといえばこのドラマの主演、篠原涼子さんと夫婦であることはご存知かとおもいます。

なんと今回が結婚後初の夫婦共演です!

 

役柄は篠原さんが派遣される商社の会長という設定。

ドラマの中での距離感や関係性も気になるところですね!

 

夫婦初共演でどのような演技を見せるのか??

こちらも目が離せません!!

 

サイトはこちら▼
篠原涼子&市村正親「初の夫婦共演」!4月・日テレ系「ハケンの品格」特別ゲスト出演

 



ハケンの品格キャスト一覧

続編ということで継続キャストや新キャストも気になるところだと思います!

ここでは役者と役名の紹介をしていきます!

 

篠原涼子・・・大前春子

膨大な資格とスキルを武器に腕一本で生き抜く、時給のお高い一匹狼のスーパーハケン。

 

小泉孝太郎・・・里中賢介

営業企画課課長

誠実で上司の覚えもめでたく、なんだかんだと出世コースに。

 

勝地涼・・・浅野勉

営業企画課主任

主任に昇進した。妻子あり。

 

杉野遥亮・・・井手裕太郎

新入社員。S&Fに今春入社したやる気なしの新入社員。コネ入社。

 

吉谷彩子・・・福岡亜紀

派遣5年目。3か月の契約更新毎におびえる中堅ハケン。

 

山本舞香・・・千葉小夏

新卒の派遣社員。大手企業を20社受けるもすべて不合格でハケンの道へ。

 

中村海人・・・三田貴士

新卒新入社員。仕事と私生活をきっちり分ける今時の若者。

 

上地雄輔・・・近耕作

派遣社員だったが、誘いを受けて現在はハケンライフの正社員に。

 

塚地武雅・・・宇野一平

営業事業部部長

上に優しく下に厳しい。学生の時、応援団で培われた大声が自慢。

 

大泉洋・・・東海林武

旭川支社長補佐

旭川で本社への栄転を虎視眈々と狙う、暑苦しい昭和男。一度結婚したがすぐに離婚した。

 

伊東四朗・・・宮部蓮三

S&F新社長

人当たりがよく明るいので社員から受けが良いが、実は「社員ファースト」のハケン差別主義者。

 

 

他にも市村正親さんなどゲスト出演の方がいらっしゃいます!

前作に引き続き豪華俳優陣とあってストーリーへの期待感も高まりますね!

 

各キャストの作中の役職やコメントを見たい方はこちら▼

ハケンの品格公式サイト

 



 

まとめ

公式サイトや口コミをもとに登場人物やあらすじを紹介してきました!

Twitterやインスタでも続々と投稿が増え話題になっているハケンの品格

今後の展開も目が離せません!

 

令和の時代に新たな働き方を見つけることができるのか!?

 

毎週欠かさずチェックしていきましょう!

ではまた!