『私の彼はエプロン男子』第4話のあらすじと感想! サンアに恋の予感?しかしダヨンは…

亡き父の遺品を捨てられず家が散らかり放題のイム・ダヨン

そんなダヨンの家のハウスキーパーとなったキム・ジウン

悩みの抱えるダヨンやダヨンの友人達がジウンと出会ったことにより、少しずつ変わっていきます。

恋に仕事にトラウマに、さまざまな悩みを抱えながらも成長していくラブコメディー!

『私の彼はエプロン男子』
私の彼はエプロン男子

3話では、ダヨンはジウンに掃除を頼み、ソミ、サンアとの共同生活が始まりました。

ギクシャクしていた三人でしたが、誤解が解け仲直りできました。

仕事でいい案が浮かんだダヨンでしたが、アン次長が自分の企画として発表してしまいました。

4話では、サンアはパーティーで大切な服にワインをこぼされてしまいますが、それがきっかけで男性から食事に誘われます。

ダヨンの企画書を盗んだと思っていたアン次長ですが、実はそうではなくて…。

さらにダヨン体調に異変が…!

この記事では『私の彼はエプロン男子』の第4話のあらすじと感想を紹介しています。



『私の彼はエプロン男子』第4話あらすじ

ジウンとともにハイブランドの服でパーティーに行ったサンア。

しかしそこにきた男性が、よろけた拍子にサンアのジャケットに赤ワインをかけてしまいます。

ジウンは急いでお手洗いを借り、サンアのジャケットの染み抜きを始めます。

ですが返品出来なくなったことに落ち込むサンア…

サンアにワインをかけたのは弁護士をしているジングクでした。

ジングクは弁償するからと、サンアに名刺を渡します。

その頃、ダヨンはチーム長の命令で幼稚園にきていました。

入園のチケットを朝から並んでゲットするダヨン。

しかしガサツなダヨン、家に帰って机の上に置いたはいいものの、風で大切なチケットが飛ばされてしまいましたが、気付いていません。

プライドの高いサンアは、ジングクに連絡するか迷っていました。

しかし思い切ってジングクに連絡をするサンア。

弁償してもらうことを謝るサンアに、ジングクは食事に行こうと誘います。

実はジングクはサンアのことを気に入っていて、ずっとサンアからの連絡を待っていたのです。

ダヨンがいない間に、ジウンはダヨンの部屋を片付けていました。

ダヨンが家に帰ると、幼稚園のチケットがなくなっています。

ジウンが捨てたんだと思ったダヨンは、ジウンに当たってしまいました。

気を落とし机に顔を伏せるダヨン。

すると机の上に置いてあった棚の下にチケットがあるのを見つけます。

その頃ジウンは、まとめたゴミ袋のゴミを全部出し、1人でチケッとを探していたのでした…

ジウンに必死に謝ることになるダヨン…

ダヨンが出した企画書はジウンをモデルにしたものでした。

アン次長が自分の名前でプレゼンしたことから、てっきり横取りされたと思っていたサンア。

ですが本当は、インターンの企画書だと知ったら誰も見てくれなくなるからと、あえて自分の名前で出しただけと判明。

企画として通った後に、みんなに正式にダヨンの案だと発表してくれたのでした。

無事企画書が通ったことで、ダヨンとアン次長は、ジウンに広告モデルをしてほしいとお願いしに行きます。

しかしここ数日間ずっと腹痛に悩まされていたダヨン。

ジウンとの交渉中に、倒れてしまうのでした…

『私の彼はエプロン男子』第4話キャスト

キム・ジウン(ハ・ソクジン)
私の彼はエプロン男子キム・ジウン
完璧に仕事をこなすハウスキーパー
クールで笑わないため冷たく見えてしまうが、実は優しい性格

 

イム・ダヨン(ボナ/宇宙少女)
私の彼はエプロン男子イム・ダヨン
広告会社のインターン
父親が亡くなり、空いている部屋をソミとサンアに貸すことになる
ソミ、サンア、ヘジュとは学生時代からの友達

 

ハン・ソミ(ソ・ウナ)
私の彼はエプロン男子ハン・ソミ
ネイリストとして自分のお店を出している
男性恐怖症

 

ユン・サンア(コ・ウォニ)
私の彼はエプロン男子ユン・サンア
ジュエリーデザイナー
働いていた会社がつぶれてしまい、家でアクセサリーを作る内職をしている

 

カン・ヘジュ(チョン・スジン)
私の彼はエプロン男子カン・ヘジュ
友達と共にアクセサリーショップを経営中
ある理由から恋愛がうまくいかずに、ずっと悩んでいる

 

クォン・ジングク(イ・ジフン)
私の彼はエプロン男子クオン・ジングク
エリート弁護士
サンアのことが好きで頑張るが、恋愛下手でなかなかうまくいかない

『私の彼はエプロン男子』第4話の感想

マンガみたいな転び方とワインのかかり方で、おもわず笑ってしまいました。

しかし状況を把握してすかさずサンアをエスコートするジウンがかっこよかったですね。

サンアが食事に行ってくれるとわかって大喜びするジングクも可愛かったです。

ダヨンの幼稚園のチケットを探すため、夜に1人でゴミをあさっていたジウンにはびっくり。

ジウンに文句を言っておきながら、実は部屋にありましたというオチに普通なら怒りそうなものですが、ジウンはあんまり怒っていませんでしたね。

そしてアン次長、最初は嫌な人かと思ったけど、ダヨンの企画書が通るようにしてくれてたいい人でしたね。

倒れちゃったダヨン、大丈夫か心配です…

『私の彼はエプロン男子』第4話まとめ

サンアはジングクにワインをこぼされてしまいますが、それをきっかけに食事に行くことになりました。

アン次長に企画書を盗まれたと思っていましたが、実はダヨンの企画をみんなに見てもらうための作戦でした。

ずっと腹痛が続いていたダヨン、ついに倒れてしまいます。