『私の彼はエプロン男子』第14話のあらすじと感想!デートに失敗のジングク一方ジウンとダヨンは…!?

ハウスキーパーのキム・ジウン

ジウンのお陰で散らかっていた自宅がキレイになったイム・ダヨン

そして、ダヨンだけでなく悩みを抱えたダヨンの友人達。

恋に仕事にトラウマに、さまざまな悩みを抱えながらも成長していくラブコメディー!

『私の彼はエプロン男子』
私の彼はエプロン男子

13話では、ガラムはソミを心配していましたが、ソミは克服の練習を続けます。

サンアは、ジングクのことが好きだと自覚しました。

ジウンと食事に行く約束だったダヨンでしたが、ジウンは高熱を出して寝込んでいました。


14話では、ついに先へ進むことを決意したジウンは、ダヨンに告白!

ジングクは、またデートに失敗してしまいます。

そしてジウンの部屋に、なぜかソヒの写真が…

この記事では『私の彼はエプロン男子』第14話のあらすじと感想を紹介しています。



『私の彼はエプロン男子』第14話あらすじ

1人高熱で苦しんでいたジウン。

ダヨンとテスは急いで病院へ連れて行きます。

点滴をして無事に家に帰ってきたジウン。

テスはダヨンに、ジウンのことを宜しくと言って帰って行きます。

翌朝目を覚ましたジウンは、ダヨンを外へ連れ出します。

前の日にソヒと出会った場所に行ってきた話をするジウン。

そして前へ進む決心のついたジウンは、ついにダヨンに告白をするのでした。

サンアはジングクとデートに行っていました。

気合い十分で、2種類のデートプランを考えてきたと言うジングク。

サンアはやや呆れ気味に、お腹が空いているので普通にご飯が食べたいと言います。

ジングクはサンアがイカが好きだったことを思い出し、イカが美味しいというお店に連れて行きますが、そこは定休日…

ハイヒールのサンアは、たくさん歩かされ疲れた様子。

追い打ちをかけるように、サンアの靴が壊れてしまいます。

自分のオフィスにサンアを休ませ、靴の修理に行ったジングク。

そこでサンアは、ジングクのデスクの上に散らばった資料から、必死にデートプランを準備していたことを知ります。

そんなジングクをサンアはコンビニに連れて行きます。

カップラーメンを食べながら、常に必死過ぎるジングクに対して、こういうデートだって楽しいというサンア。

デートを失敗し落ち込んでいたジングクですが、サンアといれば何をしてても幸せだ、とやっと笑顔が戻ります。

ジウンとダヨンを心配して、ソミ、サンア、へジュが訪ねてきます。

何もない部屋に驚いた3人は、ジウンの部屋のインテリアを買いに行き、日頃のお礼とご飯も作ります。

ジウンもすっかり元気になった様子。

ガラムはソミに、昔の話をします。

父親に暴力を振るわれていたことや、学生時代にグレていたこと。

そして、警察に捕まった時に死んだと思っていた母親が現れて示談金を払ってくれたこと。

さらに、せっかく再会できた母親が突然いなくなってしまったことも…

ソミはガラムを慰めて、義理のお兄さんの話をガラムにするのでした。

ある日、ジングクはサンアの家に行ってプロポーズをしようとします。

しかしまたしてもいきなりサンアの家へ行ってしまったため、サンアを呆れさせてしまいプロポーズは失敗…

ダヨンはジウンと初デートへ向かいます。

行きたいところがあるというダヨン。

そこは、亡くなったお父さんのお墓でした。

ダヨンはお父さんに、ジウンを彼氏として紹介します。

順調に進んでいたジウンでしたが、ある日、ジウンの部屋になぜか破かれたソヒの写真が…

しかし誰が置いたのかは分かりませんでした。

そしてその破かれた写真の残りの部分を持っているガラム。

ジウンの部屋にこっそりとソヒの写真を置いたのはガラムでした。

破かれた写真の反対側には、笑顔で映るガラム…

その後、ジウンとテスとガラムが三人でいる時に、ガラムはその写真を落としてしまいます。

それを見た二人…テスは何者だ、と怖い表情でガラムをにらむのでした…

『私‌の‌彼‌は‌エ‌プ‌ロ‌ン‌男‌子』‌第‌14話‌キャ‌ス‌ト‌

キム・ジウン(ハ・ソクジン)
私の彼はエプロン男子キム・ジウン
完璧に仕事をこなすハウスキーパー
クールで笑わないため冷たく見えてしまうが、実は優しい性格

 

イム・ダヨン(ボナ/宇宙少女)
私の彼はエプロン男子イム・ダヨン
広告会社のインターン
父親が亡くなり、空いている部屋をソミとサンアに貸すことになる
ソミ、サンア、ヘジュとは学生時代からの友達

 

ハン・ソミ(ソ・ウナ)
私の彼はエプロン男子ハン・ソミ
ネイリストとして自分のお店を出している
男性恐怖症

 

ユン・サンア(コ・ウォニ)
私の彼はエプロン男子ユン・サンア
ジュエリーデザイナー
働いていた会社がつぶれてしまい、家でアクセサリーを作る内職をしている

 

カン・ヘジュ(チョン・スジン)
私の彼はエプロン男子カン・ヘジュ
友達と共にアクセサリーショップを経営中
ある理由から恋愛がうまくいかずに、ずっと悩んでいる

 

クォン・ジングク(イ・ジフン)
私の彼はエプロン男子クオン・ジングク
エリート弁護士
サンアのことが好きで頑張るが、恋愛下手でなかなかうまくいかない

 

パク・ガラム(ヨン・ジュンソク)
私の彼はエプロン男子パク・ガラム
ジウンがいるバーで働いている
同じ趣味がきっかけでソミと仲良くなる

『私の彼はエプロン男子』第14話の感想

ジウン、元気になってよかった。

ついにジウンとダヨンが付き合うことになりましたね。

やっと!嬉しいです。

そしてジングク…またやらかしてましたね。

でもサンアのために必死にデートプランを考えていたのかと思うと、可愛い。

いつも空回りしているけど、サンアに一途で素敵な男性ですよね。

あんな男性、なかなかいないと思います。

ガラムにも辛い過去があったんですね。

みんな、辛い過去を持ちながら明るく生きているところは、すごく元気をもらえるドラマですよね。

最後のシーン、気になる…どうなってしまうのでしょうか…

『私の彼はエプロン男子』第14話まとめ

ついにジウンはダヨンに告白し、付き合うことになりました。

ジングクはサンアとのデートに失敗してしまいましたが、サンアに慰められ幸せそうです。

ジウンの部屋になぜかソヒの写真が置かれていました。