『私の彼はエプロン男子』第13話のあらすじと感想!ジングクの恋は実った?ダヨンはジウンと食事へ・・

イケメンハウスキーパーのキム・ジウンには過去に忘れられない人がいました。

そんなジウンを好きになってしまったイム・ダヨン

彼女の散らかった家のハウスキーパーとして彼がやってきたのが始まりでした。

そんなジウンとダヨンだけじゃなく、ダヨンの友人達が、恋に仕事にトラウマに、さまざまな悩みを抱えながらも成長していくラブコメディー!

『私の彼はエプロン男子』
私の彼はエプロン男子

12話では、ヘジュとチョルスは複雑な関係になってしまいましたが、何とか仲直りしました。

ダヨンはジウンと一緒に食事に行く約束をします。

ソミはガラムと恐怖症克服の練習を始めましたが、昔を思い出して思わず泣いてしまったのでしたー。

13話では、泣いてしまったソミを心配するガラムでしたが、克服の練習を続けるソミ。

サンアはジングクが好きだと自覚します。

ダヨンはジウンとの食事に向かいましたが…

この記事では『私の彼はエプロン男子』第13話あらすじと感想を紹介しています。



『私の彼はエプロン男子』第13話あらすじ

昔の嫌な記憶を思い出し、思わず涙が溢れてしまったソミ。

ガラムとジウンから逃げるように、お店を飛び出して行ってしまいます。

ソミが心配なガラム…

その後ソミに連絡したガラムは、男性克服の練習を無理して続けなくてもいいとと言いますが、ソミは続けたいとガラムに言うのでした。

ダヨンが家に帰ると、ソミとサンアと、遊びに来ていたへジュがご飯を食べていました。

ジングクのことを好きだとみんなに言うサンア。

両思いだと盛り上がるダヨンたちに、サンアはきちんと告白されたいと言います。

そして、話は付き合う時に告白が必要かと言う話題に。

ダヨンはみんなに、気になっている人がいて食事に行く約束をしたことや、相手は自分のことをどう思っているのか、という相談します。

相手がジウンだと言わずに相談しているダヨン。

サンアたちにはもちろんバレバレですが、あえて知らないふりをして話を聞いてあげます。

ジウンとの食事を楽しみにしているダヨンは、サンアとへジュとショッピングに出かけます。

2人にチェックしてもらいながら、可愛いデート服を手に入れるダヨン。

その頃、ジウンは自分の家へ帰っていました。

5年前、彼女のソヒが突然いなくなってから、ジウンはずっとテスのバーの二階に泊まらせてもらっていました。

そして5年ぶりに家へ帰り、自分のベットで眠ったジウン。

次の日ジウンは、ソヒとの思い出が詰まったペアウォッチを、ソヒと出会った川に投げて捨てるのでした。

そこへ雨が降ってして、びしょぬれになるジウン…

ついにジウンとダヨンの食事の日がやってきました。
仕事の後、一度家へと帰ったダヨン。

ジングクとのデートに出かけようとしていたサンアが、メイク直しをしてくれることに。

そして綺麗になったダヨンは、約束のレストランへ行きジウンを待つことに。

しかし普段遅刻なんてしない几帳面なジウンが、時間になっても現れません。

電話もつながらず、何かあったんじゃないかとジウンの手伝うバーへ行くダヨン。

するとオーナーのテスが、電話で何やら謝っている様子。

実はジウンは、今日の仕事を全部ドタキャンしていたのです。

もしかしたらと行って、テスはダヨンを連れてジウンの家へと向かいます。

するとそこには、ベッドの上で高熱を出し横たわるジウンが…

『私‌の‌彼‌は‌エ‌プ‌ロ‌ン‌男‌子』‌第‌13話‌キャ‌ス‌ト‌

キム・ジウン(ハ・ソクジン)
私の彼はエプロン男子キム・ジウン
完璧に仕事をこなすハウスキーパー
クールで笑わないため冷たく見えてしまうが、実は優しい性格

 

イム・ダヨン(ボナ/宇宙少女)
私の彼はエプロン男子イム・ダヨン
広告会社のインターン
父親が亡くなり、空いている部屋をソミとサンアに貸すことになる
ソミ、サンア、ヘジュとは学生時代からの友達

 

ハン・ソミ(ソ・ウナ)
私の彼はエプロン男子ハン・ソミ
ネイリストとして自分のお店を出している
男性恐怖症

 

ユン・サンア(コ・ウォニ)
私の彼はエプロン男子ユン・サンア
ジュエリーデザイナー
働いていた会社がつぶれてしまい、家でアクセサリーを作る内職をしている

 

カン・ヘジュ(チョン・スジン)
私の彼はエプロン男子カン・ヘジュ
友達と共にアクセサリーショップを経営中
ある理由から恋愛がうまくいかずに、ずっと悩んでいる

 

クォン・ジングク(イ・ジフン)
私の彼はエプロン男子クオン・ジングク
エリート弁護士
サンアのことが好きで頑張るが、恋愛下手でなかなかうまくいかない

 

パク・ガラム(ヨン・ジュンソク)
私の彼はエプロン男子パク・ガラム
ジウンがいるバーで働いている
同じ趣味がきっかけでソミと仲良くなる

『私の彼はエプロン男子』第13話の感想

サンアとジングクは順調そうですね。

ソミも辛い過去がありますが、前向きに克服しようとしていて安心しました。

ジウンも5年ぶりに自分の家へと帰ったし、思い出の時計も捨てたし、ダヨンと出会ったことで前に進む決心が出来たようですね。

へジュも告白したことで少し吹っ切れたようですし、みんな前へと進んでいていい感じで嬉しいです。

でも最後のジウン、大丈夫か心配です。

雨に打たれたから、風邪ひいてしまったんですかね。

なんでもないといいんですが…

『私の彼はエプロン男子』第13話まとめ

ガラムはソミを心配していましたが、ソミは克服の練習を続けます。

サンアは、ジングクのことが好きだと自覚しました。

ジウンと食事に行く約束だったダヨンでしたが、ジウンは高熱を出して寝込んでいました。