【台風10号2020】小丸川のライブカメラ映像と状況まとめ!水位や氾濫の恐れはどのくらい?

2020年9月5日に国土交通省から台風10号により九州の6河川の支流も含めた流域で氾濫の危険性が高まっていると発表されました。

6河川の中に宮崎県の小丸川も含まれています。

現在の水位はどうなっているのでしょうか?

ライブカメラと状況をまとめてみました。



小丸川のライブカメラ映像

小丸川の状況は【小丸川大橋】【高城水位観測所】に設置されている2台のカメラで確認できます。
小丸川カメラ位置

▼小丸川大橋付近のカメラ(静止画)9月7日10:34時点
小丸川橋付近カメラ

小丸川大橋の現在の様子かこちらで確認出来ます。九州地方整備局 小丸川映像【Live動画】

▼高城水位観測所のカメラ(静止画)9月7日10:34時点
高城水位観測所 カメラ1

高城水位観測所のカメラの最新映像はこちらで確認出来ます→【国土交通省】川の防災情報


現在の水位はどのくらい?

9月7日10:40追記

小丸川の小丸大橋水位観測所(児湯郡高鍋町)では、9月7日06時10分頃に、「氾濫注意水位」を下回りました。

水位観測所付近の河川の断面図です。
小丸川の水位.1

10:30の水位は下降していて、『水防団待機水位』より下になっています。

氾濫の危険はなくなり安心しましたね!

ただ、現在川自体太くなり濁流が勢いよく流れているので、近づくのは危険です!

 

小丸川の水位観測所付近の河川の断面図です。
宮崎県高鍋町水位グラフ

9月6日14:10の水位は1.9mです。

氾濫注意水位2.8mとなっています。

水位の上昇データーを見てみると9月6日に日付が変わってから14:00までに約1.2m上昇しています。
ということはこのまま降り続ければ深夜から明日の朝にかけて氾濫注意水位に達してしうことになります。

とても心配ですね・・。

細かい時間の水位の上昇はこちらで確認出来ます→【国土交通省】川の防災情報



台風10号関連記事




台風10号の河川氾濫とライブカメラ映像関連記事





台風11号の情報はこちらから