『仮面』第9話のあらすじと感想!姉として妻としてどちらの命を選ぶのか・・・?

死んでしまった政治家の令嬢ソ・ウナ

彼女と瓜二つの容姿のピョン・ジスクは、ウナの義理の兄ミン・ソクフンに逆らえず、ウナとしてチェ・ミヌと結婚します。

ウナとは上手くいっていなかったミヌは、目の前のウナが別人ではないかと思うように。

そして、ジスクは次第にミヌの優しさに惹かれていくのでしたー。

果たして、自分の人生を捨てたジスクは、ソクフンの思惑通りに、ウナとしての役目を果たすのでしょうか?

それともー・・・?

『仮面』
仮面

第8話では、ソクフンに自分が描いた絵をほどこした万年筆をプレゼントし、検察官任官のお祝いとしたウナ。

自分の妻が過去に義兄ソクフンと関係があったことを、ミヌは知ってしまいました。

一方、知りすぎたジョンテの殺害を命じられたジヒョクは、姉であるジスクに助けを求めます。

急いで駆けつけようと車を走らせるジスクは、警察に捕まります。

指紋採取を拒否し疑惑の目を向けられたジスクを救ったのは、ミヌでした。

第9話では、ジスクはジヒョクがいるはずの場所へ行ってみると、貸金業者シム社長がジヒョクを消す相談を手下としています。

あらわれたジヒョクに、思わず「逃げなさい!」と声をかけてしまうジスク。

二人は一緒に逃げ出し、生きて再会できた喜びを分かち合うのでした。

同じ頃ジョンテの遺体が発見され、自殺と他殺両面から捜査が始まります。

その事件の参考人として、ミヌが連行されることになってしまいました。

この記事では『仮面』第9話あらすじと感想を紹介しています。



『仮面』第9話あらすじ

「手を離しなさい、その人は私の妻です!」

ミヌの一言でジスクは解放され、警察署を出ることができました。

ジスクに車のキーを渡しながら、

「何があったのか、いつか話せるときがきたら話してください」

と言ってミヌはジスクを送り出します。

ジスクは心の中で感謝しながら、ジヒョクの元へ向かうのでした。

その頃、シム社長に命じられた仕事を済ますためジョンテのマンションに来ていたジヒョク。

あらかじめ渡されていたカードキーを使って部屋に入ると、ソファにまるで死んでいるかのように眠るジョンテが。

シム社長からは毒物が入っているらしい注射器を渡され、これを首に刺すだけだとジヒョクは言われていました。

部屋のなかには、ジョンテ家族がそろって笑顔で映っている写真が飾られています。

ジヒョクはそれを見るとどうしても罪を犯すことなどできなくなり、そのまま部屋を出たのでした。

マンションの外ではジヒョクが出てくるのを待っているシム社長が、手下と話しています。

「この仕事が終わったらヤツはもう要らない、あとは始末するだけだ」

それを聞いていたジスクは、姿を見せたジヒョクに思わず声をかけてしまいました。

「何をしているの!逃げなさい!早く逃げなさい!!」

ジスクはジヒョクの手を取って走り、シム社長をまいたところで姉弟は再会の喜びに抱き合いました。

姉と弟が再会しうれしい夜を過ごした次の日、シム社長があらわれました。

社長は富豪の夫人となったジスクから、金を引き出せると考えたのです。

弟ジヒョクの命を保障するかわりに、3億ウォンを払えと要求。

しかしジスクには、そんな金を用意する手段がありません。

そこでソクフンに連絡をしようと思ったジスクでしたが、結局はミヌを頼ることになりました。

現金3億ウォンが欲しいとのジスクの願いを、ミヌは理由も聞かずに受け入れたのでした。

金の受け渡しの待ち合わせ場所でジスクが待っていると、ミヌがやってきたと同時にソウル地検の検察官があらわれました。

「キム・ジョンテ死亡事件の参考人としてご同行願います」

ジョンテは多額のワイロを渡して、SJグループの仕事を独占するつもりだった。

ジョンテとミヌが会っているところを見た人がいる。

これが、検察がミヌを疑っている理由です。

しかも、ミヌはジスクに頼まれた3億ウォンという多額の現金を持っていたことも、あまりにもタイミングが悪い話でした。

弁護士としてすぐにソクフンが動き、ミヌは家に帰ることができました。

ソクフンはジスクに、

「ミヌを今の地位から引きずりおろせ」

と命令します。

弟を助けたければミヌを失脚させること、ミヌをかばうのなら弟の命の保障はない。

ソクフンはジスクに選択を迫るのでした。

そんななか、ウナと母が同じような水の事故で亡くなったことを思い出していたミヌは、自分の無力さを嘆きプールに飛び込んでしまいます。

「ミヌは精神を病んでいる、彼がいるべきところは病院なんだ」

ソクフンの言葉に、仕方なくジスクは彼の指示に従うことにします。

それは一冊の本を、ミヌが入ることを禁じた小部屋に置いてくることでした。

ジスクは気になって本のなかを見てしまいます。

そこには、キム・ジョンテからミヌにあてた小切手と、SJグループの建設業務をすべてジョンテの建設会社に任せる旨を書いた契約書が。

ジスクはとっさに小切手を契約書を自分のポケットにしまいこみましたが、部屋から出るところをミヌに見られてしまったのでした。

『仮面』第9話キャスト

ピョン・ジスク/ソ・ウナ(スエ)

・ジスク
仮面ピョン・ジスク
家族の借金のため一生懸命働いている。
不平不満を口にするが家族を愛している。

・ウナ
仮面ソ・ウナ
国会議員を父に持つ令嬢。
チェ・ミヌと婚約しているが実はミン・ソクフンが好き

 

チェ・ミヌ(チュ・ジフン)
仮面チェ・ミヌ
SJグループの御曹司。
SJデパート専務。
正妻の子ではないため財閥後継者としては反対されている

 

ミン・ソクフン(ヨン・ジョンフン)
仮面ミン・ソクフン
SJグループ常務。
チェ・ミヨンの夫。
ソ・ウナの恋人でもある

 

チェ・ミヨン(ユ・イニョン)
仮面チェ・ミヨン
SJグループ総帥チェ会長の娘。
ミヌの異母姉にあたる

チェ・ドゥヒョン(チョン・グクファン)
仮面チェ・ドゥヒョン
SJグループ会長。
ミヌとミヨンの父親

 

ソン・ヨサ(パク・チュングム)
仮面ソン・ヨサ
ミヌの継母。
ミヨンの実母

 

ピョン・テソン(チョン・ドンファン)
仮面ピョン・テソン
ジスクの父

 

カン・オクスン(ヤン・ミギョン)
仮面カン・オクスン
ジスクの母

 

ピョン・ジヒョク(ホヤ)
仮面ピョン・ジヒョク
ジスクの弟

 

キム・ジョンテ(チョ・ハンソン)
仮面キム・ジョンテ
ジスクの高校の同級生
クムヒョン建設副社長

 

シム・ボンソル(キム・ビョンオク)
私の恋したテリウス/仮面 ユン・チュンサン
ジスクの父が借金をしている貸金業者社長

『仮面』第9話の感想

ジスクとジヒョク、また生きて会うことができて良かったです!

それに、ジョンテを手にかけることを思いとどまってくれました!

ジヒョクの決意を変えたのが、ジョンテの仲睦まじい家族写真だったとは泣かせますね。

笑顔で家族一緒に暮らしたいだけなんだ、というジヒョクの心の叫びが聞こえてくるようです。

でもジヒョクが部屋へ忍び込んだ時にはジョンテはもう息をしていなかったようですから、真犯人はいったい誰なのか?というなぞは残ります。

そして次々とやってくる、ミヌを陥れようとする罠。

すべて、ソクフンが裏で糸を引いています。

抜かりのない男です。

『仮面』第9話まとめ

『仮面』第9話のあらすじと感想をまとめました。

次回は、ジョンテ事件の捜査としてミヌの部屋に検察がやってきます。

あらゆるところを調べられ、ソクフンが置いてくるようにジスクに頼んだ本から、白い粉が発見されます。
この粉の正体とは?

そして、精神疾患の理由から会社役員を解任させられそうになるミヌ。

ジスクはどうするのでしょうか。