『仮面』第18話のあらすじと感想!私はもう一度生まれ変わる・・・!

家族の為に、死んだソ・ウナとして生きることを選んだ瓜二つの顔を持ったピョン・ジスク

ウナと政略結婚をしたチェ・ミヌでしたが、次第にウナに成り代わったジスクに惹かれるようになります。

それを邪魔し、自分の父親の敵を打ちたいミヌの義理の兄、ミン・ソクフン

幸せな暮らしを壊したウナを許せないソクフンの妻、チェ・ミヨン

4人の運命は一体どうなるのか・・・?

『仮面』
仮面

第17話では、チェ一族の前で、ミヌと離婚することを宣言したジスク。

その原因はすべて、義兄ソクフンのせいであると断罪しました。

それを聞いたミヨンはジスクを罵倒しますが、「ソクフンを止めなかったあなたが悪い」とジスクは取りあいませんでした。

そんななか、ソクフンに脅されミヌを撃とうとしたハンターがジスクに助けを求めてきます。

一策を講じ、ジスクとミヌはソクフンがミヌを撃ったという言質を取ることに成功。

しかしそれを警察に届けることは、ミヌにはできませんでした。

一方、ミヨンの邪魔により肝臓移植の手術を受けられなくなったジスクの母オクスンが息を引き取ることに・・・。

第18話では、チェ家の若夫婦二組が離婚の危機を迎えていることを、マスコミがかぎつけます。

マスコミに仲が良いところを見せつけなければならないと、チェ会長は二組で別荘に旅行にいくことを提案。

その旅行はそれぞれの思惑が絡んで、また不幸なことが起こりそうなあやしい雲行きでした。

この記事では、『仮面』第18話のあらすじと感想を紹介しています。



『仮面』第18話あらすじ

母オクスンが亡くなり、ピョン親子は悲しみに暮れていました。

オクスンの木を植え、彼女の死を悼むしかできなかったのです。

ミヨンは、自分の子どもじみた邪魔だてがオクスンの命を奪うことになるとは想像もしていませんでした。

一度手術を見合わせただけで、オクスンが死んでしまうとは・・・。

家族そろっての食事の席で、話したいことがあると言って立ち上がったジスクをソクフンが止めました。

ジスクは自分の正体を家族に暴露しようと決めていたのですが、それをソクフンは察知していたのです。

ソクフンは離れたところへジスクを連れていき、こう言います。

「正体をバラせば、父親と弟は生きていられないぞ。」

ジスクはその場は引き下がりましたが、オクスンの手術の日に何が起こったのか調べ始めました。

そこでミヨンがジヒョクに接触したことを探り出します。

アレルギーがあるピーナッツパウダーを混入させ、ジヒョクの具合を悪くさせたこと。

ただ手術を延期させ困らせたかったというミヨンと、ジスクはプールでもみ合いになってしまいました。

ジスクはバランスを崩しプールに転落しそうになりますが、ミヨンはとっさにジスクの腕をつかみ彼女を助けました。

ウナのときとは違っていたのです。

それをミヌは見ていました。

ミヨンがジスクの腕をつかむのを見た瞬間、ミヌはウナの事故を思い出しました。

≪そうだ・・・あのときも姉さんがいて・・・ウナさんを見捨てて行ってしまった・・・。
ぼくがウナさんを突き落としたわけではないんだ・・・!≫

あの日の記憶がよみがえったミヌ。

ミヨンに、ウナのことジスクのことを問いただします。

「あれは事故だった」とくりかえすミヨンでしたが、彼女の意識はすべてソクフンをかばうことに向かっているようでした。

ミヨンにはソクフンを自首させるつもりはないと判断したミヌは、自分が動くしかないと決意します。

そのころソクフンはジスクの父テソンを、言葉巧みに連れ出していました。

父の不在を知って電話をかけてきたジスクに、ソクフンはまたもや脅しをかけるのでした。

「ミヨンはおれの言うことを聞く。きみもおれの言うとおりにしないと、大変なことになるぞ?」

そんなおり、チェ家の若夫婦が離婚の危機であることをマスコミがかぎつけました。

チェ会長は、マスコミを遠ざけるためにはこれまで同様仲良く暮らしていることを印象づけなければならないと考えます。

そして二組の夫婦一緒に、別荘へ旅行にでかけることを提案したのです。

ジスクはある決断をして、ソクフンを呼び出しました。

「もう一度、私を殺して。」

ソクフンに負けを認めるかわりに、今の自分を亡くし再び生まれ変わって生き直したいと申し出たのです。

そして自分の持ち株はすべてソクフンのものになるよう、遺言状を残すとまで言うのでした。

ソクフンは計画を立て、ジスクと打ち合わせることに。

ジスクはソクフンに、自分の持ち株を譲渡すると書いた遺言状を手渡します。

そしてソクフンは、【キム・ユジン】と書かれたパスポートと登録証をジスクに渡しました。

「三度目の人生をせいぜい楽しむんだな。」

ソクフンの計画は、四人で訪れる別荘が火事になり残っていたウナが巻き込まれて焼死してしまうという想定。

しかしソクフンは、本当にジスクを殺そうとしていました。

睡眠薬を飲んで眠り込んでいたジスクがウナとして死ぬ、というのが実際のソクフンの企みだったのです。

ジスクはミヌに手紙をしたためます。

≪私はキム・ユジンとしてあなたのところに戻ってきます。ソクフンが別荘に火をつける19時には、記者と警察がやってくるでしょう≫

ところがミヨンがその手紙を見つけて、破り捨ててしまったのです。

ミヨンが時間どおりに記者も警察も来ないように仕向けて、四人は別荘に出発することになりました。

それぞれの思惑を秘めて、四人は別荘に到着。

そこでワインを飲むことになりましたが、ジスクのグラスには睡眠薬が仕込まれていました。

ミヌは両親がいないところで腹を割って話そうと、ミヨンを問い詰めます。

なぜプールでウナの手を離したのか、なぜ転落したウナを助けなかったのか。

罪の意識にさいなまれているミヨンは、言葉を失い別荘から逃走。

あとを追うミヌにソクフンの部下プルテが殴りかかり、そのままミヌは気絶するのでした。

一方、別荘に取り残されたジスクとソクフン。

視界がぼやけ薬を盛られたことを知ったジスクですが、どうすることもできないまま意識を失ってしまいました。

ソクフンはジスクを抱きかかえて、寝室のベッドに彼女を横たえます。

かつて愛したウナそっくりのジスクの顔に触れ、何か思うところがあったのでしょうか、しばらく眠るジスクを見つめていました。

そうしてソクフンが立ちあがったときには、プルテが部屋中にガソリンを撒き終えたところだったのです。

ソクフンはふと息をつき、超然とした表情で火が付いたライターを投げたのでした・・・。

『仮面』第18話キャスト

ピョン・ジスク/ソ・ウナ(スエ)

・ジスク
仮面ピョン・ジスク
家族の借金のため一生懸命働いている。
不平不満を口にするが家族を愛している。

・ウナ
仮面ソ・ウナ
国会議員を父に持つ令嬢。
チェ・ミヌと婚約しているが実はミン・ソクフンが好き

 

チェ・ミヌ(チュ・ジフン)
仮面チェ・ミヌ
SJグループの御曹司。
SJデパート専務。
正妻の子ではないため財閥後継者としては反対されている

 

ミン・ソクフン(ヨン・ジョンフン)
仮面ミン・ソクフン
SJグループ常務。
チェ・ミヨンの夫。
ソ・ウナの恋人でもある

 

チェ・ミヨン(ユ・イニョン)
仮面チェ・ミヨン
SJグループ総帥チェ会長の娘。
ミヌの異母姉にあたる

チェ・ドゥヒョン(チョン・グクファン)
仮面チェ・ドゥヒョン
SJグループ会長。
ミヌとミヨンの父親

 

ソン・ヨサ(パク・チュングム)
仮面ソン・ヨサ
ミヌの継母。
ミヨンの実母

 

ピョン・テソン(チョン・ドンファン)
仮面ピョン・テソン
ジスクの父

 

カン・オクスン(ヤン・ミギョン)
仮面カン・オクスン

 

ピョン・ジヒョク(ホヤ)
仮面ピョン・ジヒョク
ジスクの弟

 

プルテ(ソン・チャンフン)
仮面プルテ
ミン・ソクフンの部下

『仮面』第18話の感想

ソクフンは、自分の復讐を遂げるためには手段を選びません。

あれほど愛していたはずのウナとそっくりのジスクを、何度も消そうとするのですから。

もしかすると憎しみをはらすために、ウナのことも利用していたのかもしれません。

しかし、別荘に火を放つ前に見せた表情は悲しみに満ちていました。

人間的な感情を、ソクフンもまだ持っていたのかもしれませんね。

だとすれば、ソクフンが自分の犯した罪を悔やむときがやってくるはずです。

それがいつになるのかはわかりませんが・・・。

『仮面』第18話まとめ

『仮面』第18話のあらすじと感想をまとめました。

炎上する別荘。

ソクフンの野望のために、何人が犠牲になってしまうのでしょうか。

次回は、別荘から助け出したはずのジスクがミヌの前から消えてしまいます。

ミヌの手に残された、ジスクの血がついた洋服の切れはし。

マスコミはこぞって、ミヌが妻殺しの犯人であるかのように報道します。

ジスクはいったいどこに消えたのでしょうか・・・。