『仮面』第17話のあらすじと感想!ジスクの最愛の母が・・・!

ピョン・ジスクはお金のために自分とそっくりの死んだソ・ウナに成り代わり、チェ・ミヌと結婚。

ミヌの義理の兄ミン・ソクフンにはチェ家を許すことが出来ない過去の恨みがあったのです。

ソクフンに愛してもらえないチェ・ミヨンはウナとして生きるジスクを恨むようになります。

4人の運命はどうなるのかー。

『仮面』
仮面

第16話では、一族の前で「ソクフンのせいでミヌと離婚する」と、ジスクは宣言しました。

ソクフンとウナが恋人同士だったことを告白し、これ以上一緒のうちには住めないと演技するジスク。

しかしミヌの父であるチェ会長は、離婚は絶対に許さないと言います。

緊迫した状況のなかでソクフンとミヌは狩りへでかけますが、ソクフンのライフルの銃口はミヌの心臓を狙っていました。

第17話では、「あなたを愛している、ピョン・ジスクさん」

ミヌの告白を受けいれ、ジスクはこれまで起きたすべてのことを話しました。

罪を犯した夫ソクフンを許せないミヨンですが、自首させるとミヌと約束したもののジスクへの憎しみは消えません。

そんななか、ジスクの母オクスンの肝硬変がいよいよ重症化し、肝臓移植を受けることになります。

ドナーはジヒョクで決まっていましたが、突然体調不良を起こし手術は不可能になってしまいました。

この記事では『仮面』第17話のあらすじと感想を紹介しています。



『仮面』第17話あらすじ

ジスクがウナと入れ替わっていたことを知った上で、ジスクを愛すると誓うミヌ。

そんなミヌに、これまで起きたすべてのことをジスクは話しました。

「つらかったでしょう・・・、たった一人でさびしかったでしょう・・・」

ミヌはジスクを思いやりますが、ジスクはそれでも離婚はすると断言します。

ソクフンがミヌに手出しするのが心配で、ジスクが離婚を決めたことをミヌもわかっています。

「義兄(あに)のことはぼくが何とかします、これまでのように一緒に暮らしましょう。」

そう言うミヌに、ジスクはあいまいに微笑みました。

ミヌはその足で、姉ミヨンのところへ向かいました。

ソクフンに命を狙われ撃たれたことを父に話す、と言うミヌをミヨンは制止します。

「私があの人を自首させる、ミヌのことも私が守るから。」

ミヨンはそう言ったものの、ミヌを本当に殺すつもりで撃ったソクフンを許すことはできませんでした。

「もう私の手には負えない、この家から出て行ってちょうだい!」

それを聞いたソクフンは、あっさりと言うのでした。

「一連のできごとの責任を取って、おれは出て行く。
身一つで来たから、同じように身一つで出て行くよ。」

その言葉どおり、ソクフンは屋敷から姿を消してしまったのでした。

ソクフンがいなくなったせいで、ミヨンの怒りはさらに増幅されジスクに向かうことに。

「あなたが来たせいで、うちの中がめちゃくちゃになってしまった!」

夫が離れてしまった責任をジスクに押し付けたいミヨンでしたが、ジスクはきっぱりと言い返します。

「それほどお義兄さまを愛しているあなたが、彼を止めなかったのが原因です。」と。

そしてこうも付け加えたのです。

「ミヌさんのことは私が守ります、邪魔はしないで。」

一方ミヌは、ピョン・ジスクが貸金業者の部下を殺して自分も命を絶ったとされる事件を調べていました。

ジスクがウナではなく、ジスクとして生き直せるようにと考えたからです。

警察にいる友人の話では、ジスクが犯した殺人事件だと断定するには不審な点が多いということ。

ミヌはジスクに罪を被せた真犯人に償わせるため、事件を調べ直すことにしました。

そのころジスクは、狩り場でミヌを撃つようソクフンに命令されたハンターを訪ねていました。

ハンターが撃ったわけではないことは明白ですが、彼は真実を話そうとしません。

ジスクは仕方なくハンターの家の玄関に自分の名刺を挟み、その場を去りました。

その後ハンターから連絡が入りました。

「助けてくれ!警察にバレたら殺される!」

ソクフンに脅されているのでしょう、ハンターの怖がりようは尋常ではありません。

ジスクは考えを巡らせました。

それは、ソクフンがミヌを撃った証拠が必要なのだということ。

隠しカメラをしかけた地下駐車場へソクフンを呼び出し、ハンターは口止め料をよこせと切りだしました。

その会話のなかで、録画されているのも知らず自分がミヌを撃ったと明言したソクフン。

ジスクとミヌは、この映像がソクフンの犯行を裏付ける証拠となると喜びました。

決定的証拠となるその録画の記録を持って、警察に向かうミヌ。

ところがそこに、ソクフンから電話が入ります。

「ジスクの命も未来もきみ次第だ、よく考えた方がいい。」

底冷えのするようなソクフンの言葉に、ミヌは証拠を渡せないまま警察をあとにすることになりました。

そんなおり、チェ会長の屋敷には家宅捜査が入っていました。

ミヌに株を譲渡したさいの手続きが、脱税行為だとみなされたのです。

チェ会長は会社の弁護士として、ソクフンを呼び出します。

そう、この家宅捜査もソクフンの差し金だったのでした。

一方肝硬変の病状が悪化し、すぐにでも肝臓移植手術を受けた方がいいとなったジスクの母オクスン。

肝臓の提供者はジヒョクでしたが、何かのアレルギー反応が出てしまい手術は不可能になってしまいました。

ジヒョクは直前にミヨンと会っており、目障りなジスクを早くピョン家族が引き取るよう言われていました。

しかしジヒョクは、ジスクなりの考えがあってチェ家にいるのだとミヨンに言います。

「何もしなくても、もうすぐ姉はうちに帰ってくるはず。
ぼくは姉の考えを尊重したい。」

ミヨンはジヒョクの返答に腹をたて、彼のコーヒーにピーナッツパウダーを混入させたのです。

ジヒョクのアレルギー反応は、このミヨンの行動が原因でした。

オクスンは病室で一度は目を覚ましましたが、ジスクがあらわれるのを待たず息を引き取りました。

ジスクと愛を誓い合ったミヌの顔も、見ることはかなわなかったのでした・・・。

『仮面』第17話キャスト

ピョン・ジスク/ソ・ウナ(スエ)

・ジスク
仮面ピョン・ジスク
家族の借金のため一生懸命働いている。
不平不満を口にするが家族を愛している。

・ウナ
仮面ソ・ウナ
国会議員を父に持つ令嬢。
チェ・ミヌと婚約しているが実はミン・ソクフンが好き

 

チェ・ミヌ(チュ・ジフン)
仮面チェ・ミヌ
SJグループの御曹司。
SJデパート専務。
正妻の子ではないため財閥後継者としては反対されている

 

ミン・ソクフン(ヨン・ジョンフン)
仮面ミン・ソクフン
SJグループ常務。
チェ・ミヨンの夫。
ソ・ウナの恋人でもある

 

チェ・ミヨン(ユ・イニョン)
仮面チェ・ミヨン
SJグループ総帥チェ会長の娘。
ミヌの異母姉にあたる

 

チェ・ドゥヒョン(チョン・グクファン)
仮面チェ・ドゥヒョン
SJグループ会長。
ミヌとミヨンの父親

 

ソン・ヨサ(パク・チュングム)
仮面ソン・ヨサ
ミヌの継母。
ミヨンの実母

 

ピョン・テソン(チョン・ドンファン)
仮面ピョン・テソン
ジスクの父

 

カン・オクスン(ヤン・ミギョン)
仮面カン・オクスン
ジスクの母

 

ピョン・ジヒョク(ホヤ)
仮面ピョン・ジヒョク
ジスクの弟

 

シム・ボンソル(キム・ビョンオク)
私の恋したテリウス/仮面 ユン・チュンサン
ピョン・ジスクの家に金を貸している高利貸し社長

 

シム社長の部下(キム・ユチョル)
仮面シム社長の部下1
借金取り立て屋、ジスクとともに断崖から落下し死亡

 

ミヌの警察の友人(キム・ジョンウク)
仮面ミヌの警察の友人
ジスクの事件を調べるミヌに協力する

 

オクスンの担当医(イ・ジュニ)
仮面オクスンの担当医
肝臓移植の手術をする予定だった

『仮面』第17話の感想

ミヌに真相を話し、ミヌの愛を受けいれることにしたジスク。

もうすぐジスク本人に戻って家族にいい報告ができるはずでしたが、なんと最愛の母を失ってしまいました。

どこまでソクフンの恨みとミヨンの憎しみに振り回されるのでしょうか。

母オクスンも、娘の夫の顔を見たかったに違いありません。

本当に気の毒でなりませんね・・・。

『仮面』第17話まとめ

『仮面』第17話のあらすじと感想をまとめました。

ジスクの悲しみの深さは計り知れません。

ただ母を失うつらさがどれほどのものかミヌもわかっているので、二人の絆がさらに強まることは間違いないと思います。

次回は、離婚のうわさをかぎつけたマスコミを欺くため、ミヌ・ジスクとソクフン・ミヨンの二組が別荘へ。

仲が良いところを見せるべきだとする、チェ会長の提案でした。

そこでまたもソクフンは、恐ろしいことを計画します。

その計画とは・・・!