ジャニーズ退所者続出しているのはなぜ?退所した人の理由をまとめてみた!

最近、大手芸能プロダクションのジャニーズ事務所から退所者が続いています。

転機となっているのは稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの退所です。

2016年年末にSMAPが解散し、2017年9月に3人がジャニーズを退所してからは毎年何人か退所者が出ています。

もちろん自主的に退所したわけではないケースもありますが、なぜこんなに退所者が出るのでしょうか?

調べてみると、退所者の共通点も見えてきました。

 

この記事では、

・ジャニーズ退所者が続出している原因や理由

・2017年以降、退所したジャニーズ一覧

・退所予備軍と噂されているジャニーズ

について書いています。



ジャニーズで退所者続出している原因や理由とは?

まず、ジャニーズ退所続出の発端はSMAP解散騒動だったと言えるでしょう。

2016年1月13日に発表された解散報道。

一旦は収束したかと思いきや、継続。

2016年8月に12月末で解散決定。

2017年9月に3人の退所という流れです。

ジャニーズには派閥問題があるのは有名な話です。

日刊スポーツによると、SMAPは、当時のSMAPの担当マネージャー飯島氏とメリー喜多川会長(当時副社長)の派閥問題に巻き込まれた形で解散、退所という結果になったと報道しています。
〈参照:日刊スポーツ

しかし、退所後の彼らの活動はCMや映画、YouTubeチャンネルなどで活躍しています!

SNSやYouTubeによる芸能活動の幅が広がった事も退所組みの追い風となっているようですね。

テレビ離れする若者の情報収集や関心は今やスマホの時代です。

テレビで活躍しなくてもしっかりファンの心を掴む事ができています。

実際、退所した3人のYouTubeチャンネル登録数は合計で120万人を超え!

ユーチューバーにとっては羨ましい数の登録者数ですね^^;

ジャニーズも以前に比べてかなりオンラインに力を入れ始めていますが、退所組のテーマの自由さには程遠い状況です。

 

また、今までにジャニーズを退所するとそれ以降はテレビに出演できず、干されるハメになっていましたが、その状況について2019年7月公正取引委員会がジャニーズ事務所に独占禁止法の容疑で警告することに。

稲垣さん、草なぎさん、香取さんの3人がテレビ出演できていない事でジャニーズ事務所は注意を受けました。
〈参照:yahoo!JAPANニュース

 

それ以降、ジャニーズ事務所に対して忖度するテレビ局が減ってきている事も事実です。

年末の長時間番組、日本テレビの「ガキの使いやあらへんで!」に3人揃って出演したのには驚きましたね(笑)

また、香取さんは以前から仲が良いとされている加藤浩次さんがMCを務める「スッキリ」に2020年1月8日に出演。


そして、錦戸亮さんは退所して半年で、VTRではありますが、「スッキリ」のインタビューに応えています。

少しずつ退所組みがテレビ出演するようになり、活躍が見られるようになればこれからますます退所する人が増えるのではないでしょうか?

「今まで、テレビ局はジャニーズに忖度して、あまり使いたくないジャニーズタレントをバラエティーやドラマに起用することが多くありました。ですが、今後はテレビ局も遠慮することなく、他の事務所のタレントを起用できるようになります。逆に、人気や実力がないのに『ジャニーズだから』という理由だけでタレントがテレビに出ることは少なくなるでしょう」(テレビ局関係者)
〈引用:FRIDAYデジタル

また、退所者の共通点として、皆、30代半ばから40代に退所しています

その年代は自分の人生について考える年でもあり、ある程度名前が売れてきたら別のことにチャレンジしようという気持ちが出てくるのかもしれません。

アイドル時代にできなかった事に対する欲のようなものでしょうか。

それにしても、売れてきたアーティストが離れていってしまったら、それまでに育てあげたジャニーズとしてはかなりの痛手。

嵐の活動休止も年末に迫っているため、いよいよジャニーズも衰退の危機に直面と言えそうです。


2017年以降退所したジャニーズ一覧

SMAP解散あたりからの他退所したジャニーズを理由と共に挙げてみました。

・稲垣吾郎(2017年9月 ジャニーズ当時のSMAPの担当マネージャーが退社、それに続く形で退所)

・草なぎ剛(2017年9月 同上)

・香取慎吾(2017年9月 同上)

・山口達也(2018年4月 不祥事により事実上の退社)

・今井翼(2018年9月 メニエール病による体調不良でしばらく活動休止。タッキー&翼解散後退所)

・渋谷すばる(2018年12月 自身の音楽を追求)

・滝沢秀明(2019年1月 ジャニー喜多川氏の後を継ぎ、現在ジャニーズ事務所副社長)

・錦戸亮(2019年9月 メンバーとの考え方のズレ)

・中居正広(2020年3月) 


退所予備軍と噂されているジャニーズ

現在、退所するのではないかと名前があがっているジャニーズもいます。

名前があがった理由とはなんでしょうか?

・長瀬智也…退所するのでは?と最近週刊誌で話題にあがっています。

https://twitter.com/manamin_mat/status/1267649654029606912

 

・山下智久…海外のエンタメ企業とエージェントを結んだことで退所へのカウントダウンに入ったと報じられている。
〈参照:eiciteニュース

 

・手越祐也…外出自粛要請の中のスキャンダル。実はそれ以前に退所を決めていたとのこと。
〈参照:サイゾーウーマン編集部

 

・知念侑李…週刊誌で噂されています。

本人もYouTubeに興味があると言っていたとのファンからの情報があるようです。

ジャニーズ退所者続出しているのはなぜ?まとめ

ジャニーズ退所者が増え続けている原因や理由をまとめてみました。

・時代がテレビからスマホへ変わっていっている

・タレントはテレビにこだわらず、SNSやYouTubeでも十分ファンを引き寄せることができ、自由な表現ができることへの魅力を感じている。

・公正取引委員会の介入により、テレビ局はジャニーズ事務所に忖度を考えなくなりつつある。

退所組みのテレビ出演も増え、ジャニーズを離れても可能性があることが見えてきている。

・第二の人生に別の目標を掲げる人が増えてきたと考えられる。

ここ数年、変化の大きいジャニーズ。

時代の流れでオンラインに力を入れ始めた滝沢副社長の采配がどう出るかが今後のジャニーズの明暗を分けることとなりそうです。

それにしても、大きな後ろ盾をなくすことで失うものも多いはず。

忖度が減ったとは言え、まだまだジャニーズの勢力は大きいです。

そのリスクを払ってでも、次にジャニーズから旅立つのは誰なのでしょうか?