JBJ95メンバーのケンタとサンギュンの現在の事務所はどこ?メンバーカラーやプロフィールも紹介!

日韓ボーイズグループJBJ95。
メンバーは日本出身のボーカル髙田健太とラッパー兼ボーカル韓国出身キム・サンギュンの2人組です。

K-POPグループでは珍しい2人組でしかも日本人と韓国人という注目度も高いJBJ95。

もともと事務所が別々だった二人が現在所属している事務所はどこなのか、またどんな経緯でJBJ95が結成されたのか2人のプロフィールやメンバーカラーなども含め紹介したいと思います!



JBJ95メンバー2人の現在の事務所はどこ?

現在のJBJ95の事務所は『スターロードエンターテイメント』
〈参考:JBJ95公式サイト

元々、ケンタはスターロードエンターテイメント事務所でしたが、キム・サンギュンはフノスエンターテイメント事務所でした。

ケンタが所属している事務所にキム・サンギュンが所属したのは、正式にユニットとして活動を決めた頃です。


JBJ95メンバーのプロフィールとメンバーカラー

JBJ95のメンバーは日本人のケンタこと、髙田健太と韓国人のキム・サンギュンの2人です。
それぞれのプロフィールとメンバーカラーを紹介します。

JBJ95髙田健太(ケンタ)のプロフィール

JBJ95 ケンタ
日本人ボーカルのケンタ
メンバーカラーはブルー

名前:髙田 健太(タカダ ケンタ)
ハングル表記:타카다켄타
生年月日:1995年1月10日(25)
出身地 :群馬県藤岡市
血液型 : B型
身長 : 173cm
最終学歴:群馬県立藤岡北高等学校
趣味:カフェ巡り、韓国語の勉強
特技:韓国語、ラテアート、バドミントン

 

兄弟は姉2人います。

高校は群馬県立藤岡北高等学校。

群馬県立藤岡北高等学校

高校生の頃からK-POPが好きで、アルバイトで貯めたお金で学校が休みの時に一週間ぐらいソウルに行ったこともあります。
親には「友達と遊びに行ってくる」としか告げてなかったというのだから驚きです!
韓国の練習生になる前ケンタはK-POPグループ『TEENTOP』のファンで、韓国のサイン会や音楽番組の事前収録に朝から並びメンバーからの認知がある程の熱狂的なファンでした。
【TEENTOP】
TEENTOP

・2013年6月 K-POPカバーダンスグループ『ガラガラ蛇』として活動開始
芸名はRIKYM(リキム)。
ガラガラ蛇

・2015年3月 『ガラガラ蛇』脱退
日本で知り合いだったD.Holicのメンバーの関岡レナと親しく、彼からの「韓国で一度やってみたら?」の一言で韓国語も理解しないままに韓国へ渡りました。

ケンタが韓国のオーディション番組に出たことは、朝の情報番組『ノンストップ』でも紹介されました。

韓国語は韓国に来てから2ヶ月間、塾に通いながら勉強しました。
その後は所属事務所に入ってから、会社の人や友人と話をしながら学んだそうです。

・スターロードエンターテイメント事務所に所属する
韓国で活動を勧めた友人の所属事務所の練習生として契約しました。

・2017年春 『PRODUCE101~season2』に参加
最終順位は24位と残念ながら脱落しました。


JBJ95キム・サンギュンのプロフィール

JBJ953キム・サンギュン
韓国人ボーカル兼ラッパーのキム・サンギュン
メンバーカラーはイエロー

名前:キム・サンギュン
ハングル表記:김상균
出身地 : 韓国 光州広域市
生年月日:1995年5月23日(25歳)
血液型 : O型
身長 : 178センチ
最終学歴:グローバルサイバー大学校放送演芸学科
趣味:音楽鑑賞(バラード)、映画鑑賞(スリラー)、ゲーム(オーバーウォッチ)
特技:ラップ、サッカー

 

兄弟は弟が1人、高校は光徳高等学校光徳高等学校でした。

・2013年フノスエンターテイメントのK-POPアイドルグループ『topp dogg』としてデビュー
当時の芸名はアトムでした。
topp dogg

・Mnetの大人気ラッパーサバイバル番組『SHOW ME THE MONEY5』に参加
1次予選を通過しラッパーアイドルとして前進するも2次予選で惜しくも敗退しました。

・2017年初め 『PRODUCE101~season2』に参加する為、所属していたグループを脱退

・『PRODUCE101~season2』に参加
最終順位は26位と残念ながら脱落しました。


JBJ95結成の経緯とグループ名の意味は?

JBJ95は最初、JBJというグループでデビューしています。
まず、JBJが結成された経緯を調べてみました。

JBJが結成された経緯

・2017年春 バイバルオーディション番組 『PRODUCE101~season2』に参加
2人はMnet大人気サバイバルオーディション番組 『PRODUCE101~season2』に参加しました。
PRODUCE101とは101名の参加者の中からデビュー組11人に向けて様々な評価ステージを行い、国民の投票により国民プロデューサーがデビューグループを作る番組です。

サバイバルオーディション番組 『PRODUCE101~season2』の動画

その時の自己紹介動画です。
ケンタの『PRODUCE101~season2』オーディション時の自己紹介動画

 

キム・サンギュンの『PRODUCE101~season2』オーディション時の自己紹介動画

 

・2人とも第3回順位式で脱落となる
ケンタは最終順位24位、キム・サンギュンは26位で惜しくもデビュー組に入る事ができませんでした。

・PRODUCE101ファンの間で仮想グループ『JBJ』が作られる
その後、脱落したオーディションメンバーの中でも人気の7人を応援していたファン達の間で仮想グループが作られました。

グループ名『JBJ』の意味はJust Be Joyful (本当に望ましい組み合わせ)
『JBJ』のメンバーは7人。
・最終順位21位キム・ヨングク(チュンエンターテイメント所属)
・22位キム・ヒョンビン(YGKPLUS所属)
・24位髙田健太(スターロードエンターテイメント所属)
・25位ノ・テヒョン(Ardor&Able所属)
・26位キム・サンギュン(フノスエンターテイメント所属)
・29位キム・ドンハン(OUIエンターテイメント所属)
・30位キム・テドン(THEVIBE LABLE所属)

話題と人気が高まり、あるファンがMV・音楽番組出演予告映像・デビューアルバムデザイン案・ペンライトデザイン案などを全て仮想として作成しました。

そんなデビューを望む熱い声が次第には本人達の耳にも届き、仮想グループ最年長であるノテヒョンを筆頭にSNS上に7人揃っての写真がアップロードされました。
JBJ

この写真アップロードによりファンとメンバーの気持ちが1つにり、「絶対にデビューしよう」と決意しました。

・2017年10月18日 期間限定グループ(活動期間未定)としてアルバム『Fantsy』でデビュー
Apinkなどが所属するFAVEエンターテイメント事務所が仮想グループJBJを実現させる為に各練習生達の事務所幹部との協議を開始しました。
当時のニュースによると、とある事務所は中々合意が得られなかったそうです。
それでもメンバーの気持ちとファンの気持ちは1つだったので事務所の垣根を越えてデビューを成し遂げました。
ただ、キム・テドンは事務所内紛争があった為デビューは叶わず、6人でのデビューとなりました。

こちらが、JBJデビューアルバム『Fantsy』のMV動画

・2018年2月3日,4日 ソウルオリンピックホールでライブを開催

・2018年4月10日 東京体育館でライブを開催

・2018年1月17日 『True Colors』を発売

・2018年1月26日 韓国地上波の音楽番組『ミュージックバンク』で初の1位となる
『ミュージックバンク』は本当に人気がなければ中々1位になれない音楽番組で、デビュー数年目の大手事務所のアイドルですら中々1位になる事ができないと言われています。
JBJは2作目にして1位を獲得したことになります。
JBJ

メンバーはもちろん音楽番組の観覧に来ていたファンが涙を流している姿は、番組を観ていた私にとっても忘れられない瞬間でした!

 

・2018年3月 突然解散発表の記事が上がる
こんなJBJ旋風絶頂の中、突然解散発表の記事が上がりました。
デビュー当初「人気が証明されれば活動期間は延長される可能性はある」とメンバーが常々に口にしていました。
なのでメンバーもファンもせめて1年は活動できると思っていました。
突然の解散報道にファンは受け入れられず、署名活動や事務所前で解散反対デモなどが活発化しました。
ツイッターでも解散反対タグがトレンド入りするなど
ありましたが、メンバーがそれぞれ所属する事務所が違う観点から全事務所の活動延長の合意は得られませんでした。

 

・2018年4月17日 最後のアルバム『NEW MOON』を発売

代表曲である『call your name』の歌詞「必ずまたもう一度名前(ファン)を呼ぶよ」とあるように、必ずJBJとファンが再会する事を約束しました。

 

・2018年4月21日、22日 解散ライブ『本当に望ましいコンサートーエピローグ』を開催
ソウルオリンピック公園SKハンドボール協議場にてJBJの活動に幕を閉じました。

JBJをマネジメントしたFAVEエンターテイメントは、「JBJ活動終了後も他のメンバーと一緒に暮らしながら自分の今後のビジョンを考たい」と言うメンバーの要請により宿舎の契約を1ヵ月延長しました。

こうして、宿舎に残ったのは最年長リーダーのノテヒョン、髙田健太、キムサンギュン、キムドンハンでした。
そしてこの時にケンタとキムサンギュンはルームメイトであり2人で1つの部屋を使っていました。

ノテヒョンは元々HOTSHOTと言うアイドルグループの一員だったので、JBJ活動終了後はHOTSHOTへもどります。
キムドンハンは事務所が6月早々にソロデビューが決まっていました。

一方、ケンタとキム・サンギュンは今後の活動が見えてなく、ファンの間では2人だけでもまた一緒に活動して欲しいと声が上がっていました。

JBJ95が結成された経緯

・2018年7月7日 ソウルKBSアリーナにて2人が正式にユニット活動を行うと発表
2018年5月14日にケンタとキムサンギュンによる2人の合同ファンミーティングが開催されると突然発表されました。
まだ別々の事務所でしたが、正式ユニットとなり、親友グループとして話題になりました。

 

・2018年8月17日 『JBJ95』とグループ名で活動していくと発表
K-POPアイドルが生配信する韓国のサイト『VLIVE』にてJBJ95が生配信している動画のツイートです。
正式にユニット『JBJ95』と活動が決まったことを発表しています。


〈引用:VLIVE公式サイト

・2018年10月30日 アルバム『HOME』でデビュー

 

・2019年8月15日 投票アプリ『STRAPASS』にて1位を獲得
2019年8月1日~15日カムバック記念として、同時期カムバックのグループと投票バトル行われ1位になり、韓国を飛び越えたニューヨークの繁華街『ニューヨークタイムズスクエア』に特大広告が掲載されました。

ニューヨークのタイムズスクエアにJBJ95の広告が掲載された際のツイート

同時期カムバックグループとして『SEVENTEEN』『チョンセウン』『GoldenChaild』など大手事務所の人気グループが名を上げていました。
JBJ95のファンは諦めずツイッターなどで投票の呼びかけをし15日間投票を一生懸命しました。
投票締め切り30分前には順位変動が激しく入れ替り、更新するたびに順位が入れ替わっている状況でした。
1位を獲得したのは、日本・韓国、世界中のファンの強い思いのお陰とも言えますね!

 

・2019年3月26日 2ndアルバム『AWEKE』を発売

 

 

・2019年8月6日 3rdアルバム『SPARK』を発売

アルバムの位になった事はないのですが、音楽番組『THE SHOW』ではデビューアルバムから3作連続必ず1位候補として名をあげています。

THE SHOW

韓国の6つの音楽番組、MUSICBANK M!、COUNTDOWN、人気歌謡、音楽中心、SHOWCHAMPION、THE SHOWの1つ。
SBS(ソウル)放送で毎週火曜日にライブ放送される。
2019年1月以来、MTV Asiaを通じて18か国に生放送されている。

韓国の音楽番組は、それぞれの番組で独自の採点方法でアーティストを順位付け、表彰するのが特徴。
1位を獲得すれば知名度もあがるし、人気もあがるのでアーティストにとっては大きなキッカケとなる。

『THE SHOW』音楽番組の中で知名度が高くないアーティストを出演させることが多く、新人グループが1位をとることも多い。
そのため、『1位をとりやすい音楽番組』と認識されている。

採点方法は、『YouTube再生回数』『番組名と歌手名のハッシュタグの付いたTwitterの投稿の数をスコアに換算』
『中国の動画サイトでの動画再生回数』『歌手名を入力して送信されたSMSの数を点数化』で勝者が決定される。

しかし、今現在の最新作である『SPARK』では過去最高である2位となるも惜しくも1位の夢は叶いませんでした。
ですので、まずは『THE SHOW』で1位を獲得して欲しいとファンは願っています!

 

当時は2人が同じ事務所だったわけでもなく、友達だったわけでもなく顔見知りだったわけでもありませんでした。
『PRODUCE101』放送内でも2人が同じ評価ステージで一緒に組む事もなかった為、2人が親しげにするようなカットは一度もありませんでした。
そんな2人が後にJBJ95としてデビューする事になるとは当時は誰も予想のしなかった事でした。

デビューした後のインタビューでPRODUCE101に参加時、お互いの第1印象について聞かれ、

ケンタ「当時は実際に親しくもなく挨拶だけする仲だった。とても怖い人だと思っていた。」

キム・サンギュン「日本人だ!外国から1人で大変だろうなと。前だけを見て目標に集中していたためそれ以上の関心はなかった。ただ印象もよく明るい子だなと思っていた」
〈引用:yahoo!ニュース

と答えています。

JBJ95のグループ名の意味は?

気になるグループ名『JBJ95』の意味は、初心を忘れないために『JBJ』と言う名を引き継ぎ、ケンタとキム・サンギュンの生まれた年の1995年の95を付けました。
〈参考:JBJ95公式サイト


JBJ95メンバーのケンタとサンギュンの現在の事務所はどこ?まとめ

JBJ95についてのまとめです!

・JBJ95の事務所は『スターロードエンターテイメント』

・JBJ95のメンバーは日本人ボーカル髙田 健太と、韓国人ボーカル兼ラッパーキム・サンギュン

髙田 健太はK-POP好きでK-POPカバーダンスグループ『ガラガラ蛇』として日本で活動していたが、友人の勧めで韓国の友人の事務所に入る

キム・サンギュンは、K-POPアイドルグループ『topp dogg』として活動していたが、『PRODUCE101~season2』に参加するため脱退

・2人はそれぞれ『PRODUCE101~season2』のオーディションに参加したが、結果は脱落

・『PRODUCE101~season2』を観ていたファンの間で脱落組7人による、仮想グループ『JBJ』が作られる

・ファンの熱い支持と、本人達の強い決意で事務所の垣根を超え、2017年10月18日『JBJ』がデビュー

2018年4月、『JBJ』は突然解散

『JBJ』のメンバーはそれぞれ別の活動へと入る中、今後の活動に見通しがついてなかった髙田 健太とキム・サンギュンに2人で活動して欲しいとファンの声があがる

2018年8月17日、2人は『JBJ95』として活動することを発表

『JBJ95』のグループ名の意味は『JBJ』=初心を忘れないために最初に結成したグループ名、『95』=2人の生まれ年1995年

韓国でもあまり見かける事のない2人組アイドル、更には日本人と韓国人で構成されているグループは見た事がありません。

本人達も悩みに悩んであろうこの覚悟と決断に彼らのファンの熱も熱いと思います。

広告掲載だけでなく音楽番組でも1位をプレゼントしたいとファンの間では強い気持ちでいます。

そして音楽番組全ての番組で1位になるような、世界で活躍するグループとして成長して行くJBJ95の姿を今後も1ファンとして見守りたいと思います!