『品位のある彼女』第10話のあらすじと感想!全てをなくしたアジンは・・?

ある夜、デソンパルプ会長宅で殺人事件が起きます。

殺されたのはパク・ボクジャ

会長アン・テドンの後妻です。

そのしたたかさで介護人から後妻にまで上り詰めた強欲な女性。

誰がボクジャを殺したのか?

 

デソンパルプを陰で支える次男の嫁ウ・アジン

夫の浮気に悩まされるも周囲に気配りできる常に冷静で気品漂う女性。

 

全てを無くしても輝き続けるアジンと全てを手に入れても満たされないボクジャ。

2人の心理戦がハラハラドキドキのサスペンスコメディーです。

 

品位のある彼女

ジェソクの浮気に気づいたボクジャはアジンの代わりにユン画家の家に行き報復しました。

そしてアジンは以前購入したマンションで娘と二人で新たな生活を送る決意をするのでした。

家を出ることになったアジンは管理していたテドンの通帳をあっさりとボクジャに渡し、今後の切り盛りを一任することにしました。

そして引越しの準備にマンションへ向かいますが…

 

この記事では『品位のある彼女』第10話のあらすじと感想を紹介しています。

 



『品位のある彼女』第10話のあらすじ

ある日、アジンはボクジャを訪ねます。

自分が管理していたテドンの通帳と印鑑を渡し、引っ越すことにしたとボクジャに伝えました。

「今後、アン家のことは任せます。」

すんなり通帳を手に入れられたボクジャは少し戸惑います。

 

テドンの身支度を手伝うボクジャは韓国大学のグローバル経営教育院で経営の勉強がしたいと話します。

そこは会社役員の肩書がないと入れないので、非登録でいいから肩書きが欲しいと言います。

「わかったよ。簡単なことだ。頑張りなさい。」

ボクジャはニッコリ笑いました。

そしてグローバル経営教育院の講義に出席したボクジャはある人に出会います。

「MKキャピタル代表のハンです。」

「パク・・・チヨンです。」

なぜか偽名を使うボクジャ。

 

一方、アジンは自分で購入したマンションに引越しの準備に行きます。

しかし、暗証番号を何度入れても鍵が開きません。

ユン画家の引越しがすでに終わっていたのです。

ジェソクのところに行き、

「引越しをしようとあのマンションに行ってきたの。中に入れなかったわ。」

「…賃貸に出した。」

「勝手な事を!!…まさかっ!!正直に話しなさい!」

本当の事を聞いたアジンは近くにあるものすべて投げつけ怒りを爆発させます。

 

マンションさえも奪われ、全てをなくしたアジンはうつろな状態で弁護士ギホのところへ。

マンションはアジンが自分の独立のために買ったマンションでしたが名義は夫のものだったのです。

他の女が住んでいる夫名義の家を自分の名義にするにはどうしたらいいか?

ギホに相談しようとしましたが裁判所に行っていていませんでした。

エレベーターの前で泣きじゃくるアジンは帰ってきたギホとかち合います。

ギホは泣いているアジンを抱きしめます。

倒れるアジン。

病院へ運ばれそのまま入院することになりました。

そんな中、ジェソクは呑気にユン画家とマンションに。

娘のジフからの電話でアジンが入院したこと聞き、ジェソクはアジンに電話をします。

「僕のせいで倒れたのか?落ち着いてくれ!僕は離婚しない!」

とまた都合のいいことばかり言います。

ジフが1人だから帰ってあげてと言うと、ユン画家が熱を出してるから帰れないと言います。

自分や娘よりもユン画家のことが大切なのだと悟り、

「アン・ジェソク…絶対に許さない…」

『品位のある彼女』キャスト

ウ・アジン(キム・ヒソン)

元客室乗務員で、財閥デソンパルプ会長の次男(アン・ジェソク)と結婚。

義父のアン・テドンに信頼されていて、財閥一家を裏で支えるしっかり者。

才色兼備で絵画を見抜く才能もある。

 

パク・ボクジャ(キム・ソナ)

貧しい家に生まれ、施設で育つ。

デソンパルプ会長アン・テドンの介護人として雇われる。

後にアン・テドンの後妻になるが、遺体で発見される。

 

アン・ジェソク(チョン・サンフン)

アジンの夫でデソンパルプの専務。

惚れっぽく、ユン画家と不倫している。

 

アン・テドン(キム・ヨンゴン)

財閥デソンパルプの会長。

脳卒中で倒れ、身体が不自由になり、車椅子生活を送っていたが、ボクジャの介護で歩けるようになった。

 

ユン画家(イ・テイム)

新人画家

アジンの夫ジェソクと不倫している

 

カン・ギホ(イ・ギウ)

弁護士でアジンと同じヒーリング教室に通っている。

アジンの相談相手

『品位のある彼女』第10話の感想

引越しを決めたアジンはテドン邸を切り盛りしていた全てをあっさりボクジャに任せてしまいました。

ボクジャと違ってアジンにとってお金や地位はどうでもいいのだと思います。

ジェソクとの仲が壊れたらそこに居る意味がなくなったのでしょう。

アジンには可愛い娘という強い見方がいますからこれからは自分らしく生きてほしいと思います。

しかし、マンションにユン画家が居るとなると穏やかな生活はまだしばらく先のようです…

そしてボクジャはアジンから通帳まで受け取り、もう何もかも自分の物に!!

しかしボクジャの新たな計画が見え隠れしています。

今度は何をするつもりでしょうか?

怖い…

 

『品位のある彼女』第10話のあらすじと感想!まとめ

娘と新しい生活を始めようと決めたアジン。

以前購入したマンションに住むつもりでしたが、そこにはジェソクの愛人が住んでいました。

八方塞がりのアジンはジェソクに対する怒りを露わに!

一方、ボクジャはテドン邸から邪魔者を追い出すことに成功し、何やら新たな計画を企んでいる様子。

この先、アジンに幸福はやってくるのでしょうか?