『品位のある彼女』第16話のあらすじと感想!アジンの切り札とは?

ある夜、デソンパルプ会長宅で殺人事件が起きます。

殺されたのはパク・ボクジャ

会長アン・テドンの後妻です。

介護人から後妻にまで上り詰めたしたたかな女性。

誰がボクジャを殺したのか?

 

デソンパルプを陰で支える次男の嫁ウ・アジン

夫の浮気に悩まされ離婚。

しかしトラブルになるたびにテドン一家に頼りにされてしまう。

 

デソンパルプの株を売却しすべてを手に入れても心は満たされないボクジャ。

 

2人の心理戦がハラハラドキドキのサスペンスコメディーです。

 

品位のある彼女

ボクジャと連絡がとれなくなったテドンは倒れて意識不明の重体です。

ボクジャの身勝手な行動に怒りがおさまらない子供たちは次々と彼女の命を狙い始めます。

しかし何をするにもボクジャのほうが一枚上手。

 

アジンは仕事が順調に進み、新たな顧客を集め、自社ブランドを立ち上げることに。

ボクジャは欲しいものを次々と購入しますが、なぜか心は満たされません。

アジンがボクジャを訪ね、あるものを見せると・・・

 

この記事では『品位のある彼女』第16話のあらすじと感想を紹介しています。



『品位のある彼女』第16話のあらすじ

アジンが病室を訪れるとテドンは意識が戻っていました。

ボクジャの居場所を聞かれ、

「ここには彼女は来ないでしょう。」

と言うと、ボクジャを連れてきてほしいとアジンに頼みます。

「ボクジャがここに来るまで私は意識が戻らないままでいる。このことは内緒にしておいてくれ。」

アジンは言われた通り誰にも言いませんでした。

 

アジンの仕事っぷりは瞬く間にセレブの間で広まり、顧客がどんどん増えていきます。

そして、アジンは自身のブランドを立ち上げることになりました。

友人はブログにアジンのカテゴリを作ってくれて、充実した日々を送っていました。

 

マンションではユン画家がジェソクに別れましょうと切り出します。

ユン画家がマンションから出て行かなかったため、マンション内の至る所にユン画家の顔写真が貼られていました。

「人生を返して。絵を取られたし、変な噂を流されるし。あなたのせいで人生めちゃくちゃ。」

「俺だって君のせいで妻と別れなくちゃいけなくなった。会社から追い出されこんな生活をしている。」

とお互いに責任転嫁。

そしてユン画家はアジンと弁護士のギホが仲良さそうにしていることをジェソクに入れ知恵します。

憤るジェソクはギホのところに行き、

「オレは絶対に別れない!控訴するぞ!」

と大興奮!

そこでギホはアジンに好意を持っていることを告白します。

そして、アジンを悲しませたジェソクからアジンを守ると断言しました。

 

一方、ジェグはボクジャを襲いにホテルに行きますが、またしてもSPに捕まり、今度は監禁される始末。

その頃、家政婦の事務所「プンスク亭」の女主人がハン代表と会っているところを、見張っていたボクジャの手下が目撃していました。

女主人はテドン邸の家政婦たちの井戸端会議を盗聴していたのです。

そしてハン代表にその情報を提供し、対価をもらっていたのです。

 

アジンはボクジャのホテルを訪れます。

テドンが認知症になってしまい、何も分からずに株の譲渡のサインをしてしまったのだと言います。

「認知症?」

とボクジャが鼻で笑うと、アジンは認知症の嘘の診断書を見せます。

驚きを隠せないボクジャに

「あなたが株を譲渡したときにあたしが何も手を打たなかったと思ってるの?『目には目を 歯には歯を』よ。」

とニッコリ笑い、テドンのかわりに株の返還請求訴訟をすることを告げます。

涙が頬を伝うボクジャにアジンは強い口調で言います。

「全て元に戻して。これが罪を償う最後のチャンスよ。」

介護人としてテドンを元気にさせるよう伝えると出ていきました。

 

ボクジャはテドンのところへ。

「なんで私を信じたんですか?心を許すべきではなかったのに。。。」

ボクジャは涙が止まりません。

 

『品位のある彼女』キャスト

ウ・アジン(キム・ヒソン)

元客室乗務員で、財閥デソンパルプ会長の次男(アン・ジェソク)と結婚。

義父のアン・テドンに信頼されていて、財閥一家を裏で支えるしっかり者。

才色兼備で絵画を見抜く才能もある。

ジェソクの浮気が原因で離婚。

 

パク・ボクジャ(キム・ソナ)

貧しい家に生まれ、施設で育つ。

デソンパルプ会長アン・テドンの介護人として雇われる。

後にアン・テドンの後妻になるが、遺体で発見される。

 

アン・ジェソク(チョン・サンフン)

アジンの夫でデソンパルプの専務

後に解雇される

惚れっぽく、ユン画家と不倫している。

 

アン・テドン(キム・ヨンゴン)

財閥デソンパルプの会長。

脳卒中で倒れ、身体が不自由になり、車椅子生活を送っていたが、ボクジャの介護で歩けるようになった。

 

ユン画家(イ・テイム)

新人画家

アジンの夫ジェソクと不倫している

 

カン・ギホ(イ・ギウ)

弁護士でアジンと同じヒーリング教室に通っている。

アジンの相談相手

アジンの事が好き

 

アン・ジェグ(ハン・ジェヨン)

テドンの長男で暴力的

親に見放され、アメリカに追いやられていたが妹ジェヒに呼び戻される

 

ハン代表キム・ソンビン)

MKキャピタル代表

グローバル経営教育院でボクジャに近づき、ボクジャの計画に協力する

後にボクジャの株を買い、デソンパルプの代表になる

 

オ・プンスク(ソ・ヒジョン)

プンスク亭の女主人

金持ちを相手に不当にお金を得ている

 

『品位のある彼女』第16話の感想

とうとうアジンの切り札が出ました!

やっぱりアジンはやられっぱなしではないですよね。

子供たちは相手にならないけど、ボクジャはやっぱりアジンには敵わないんです!

ただ襲ってなんとかしようとかお金を取り返そうとか短絡的な解決ではなく、相手が手も足も出ないような頭を使った解決策を考えるのがアジンなんですよね。

カッコよかったです^^

 

それはそうと、ボクジャの心が満たされないのは、悪いことをして手に入れたお金で欲しいものを買っても嬉しくないってことですよね。

 

『品位のある彼女』第16話のあらすじと感想!まとめ

テドンがボクジャに株を譲渡した後、アジンはテドンが認知症であるという虚偽の診断書を入手していたのです。

アジンはボクジャに罪を償うチャンスを与えました。

介護人としてテドンを元気にしてほしいとボクジャにお願いしたのです。