HiHi Jets自己紹介ラップとは?メンバーそれぞれ歌詞や作っているのは誰?

ジャニーズJr.5人組の「HiHi Jets」は、光GENJIやKis-My-Ft2に続きローラースケートのパフォーマンスを武器にしたグループです。

ジャニーズにはライブでは定番の自己紹介ソングがあり、彼らはラップで披露しています。

彼らは男子学生のようなノリでジャニーズJr.の中でも異彩を放つ5人です。

今回は、HiHi Jetsの魅力に迫った自己紹介ラップ曲についてそれぞれの歌詞は誰が作っているのかなど、ご紹介していきたいと思います。

 

この記事では、

  • 自己紹介ラップとは
  • メンバーそれぞれの歌詞
  • 作詞担当者は誰か

について紹介しています。



自己紹介ラップとは?

ジャニーズのライブの序盤に、自己紹介ソングを歌うのが定番であり名前をコールするときはファンの人たちと呼び合うので盛り上がるので、ライブには欠かせないものです^^

HiHi Jetsも自己紹介ソングあり、ラップ形式です!

デビューしているかどうかに関わらず、グループの紹介のほかにライブの定番演出として披露しています。

▼他ジャニーズグループの紹介ソング

・King&Prince「We’re King&Prince」

・SixTONES「ラップ(タイトル未定」」

・Snow Man「紹介RAP~We are Snow Man~」

・Travis Japan「Unique Tigers」

・なにわ男子「Seven Stars」など

SixTONESのように、自己紹介曲・ラップがあるが正式な発表やタイトルがない場合も多いのでしょうね。

実は、自己紹介曲に関してはメンバー自身が作詞を行っていることが多く、メンバーならではの特徴をとらえた歌詞になっています。

ジャニーズJr.の場合ライブに加えてザ少年倶楽部などジュニアに特化した番組で披露することがあります。

知っている方も知らない方も、今ジャニーズ戦国時代と言われ実力派のグループが勢揃いしているのでぜひ注目してほしい演出の1つです!


メンバーそれぞれの歌詞を紹介!

2018年「夏祭り!裸の少年」のステージで披露した自己紹介ラップは、作間くんが加入し現メンバー編成になったタイミングに制作されました。

「だぁ~くねすどらごん」というタイトルは、この時会場にいたファンと一緒に考えたそうで、YouTubeに「HiHi Jets自己紹介ラップ」として動画が上がっています。

▼「夏祭り!裸の少年」in EX THEATER ROPPONGI

それぞれメンバーの歌詞と意味を紹介します!

橋本涼くん

この投稿をInstagramで見る

 

橋本涼(@ryo.h_hihijets)がシェアした投稿

HiHi Jetsイケメン担当 最強の顔を持つ男Yeah! 時々わがまま なすがまま

脳内変換 あっぱらぱー 大人の魅力がモロ溢れ出す まずまずのデキの日本語に 

まだまだ残るあどけなさ 我らが愛する「はしもっちゃん」

最強に整った顔立ちと大人な色気を兼ね備えたカッコよさはグループの誇りというべき存在ですが、実はYouTubeやクイズ番組の出演で天然な姿を目にします。

メンバーも、カッコいい反面憎めないギャップを愛らしく思っているのでしょう。

井上瑞稀くん

この投稿をInstagramで見る

 

(@n_i_mz_.1031)がシェアした投稿

HiHi Jetsの誇れる美声 テンションあがれば出る奇声 遊びのレベルは小学生でも

軽く支配する小惑星 帝王ぶりなら完成形って いってもいいでしょ 賛成多数で

反論言わせぬ 無言の力 俺らの大先生「みじゅき」

グループでは橋本涼くんと同期で、最もジャニーズ歴が長いメンバーです。

透き通る美しい歌声を持ち、天使かと思いきや帝王のようなドSっぷりを発揮し自負しています。グループの「姫」ポジションであり、「姫」と呼ばれることも多々あります。

 

高橋優斗くん

この投稿をInstagramで見る

 

ひ ◌(@yupi._.t)がシェアした投稿

HiHi Jetsの最年長 いつももらってる残念賞 至福の一言まずストライク

私服も私物もストライプ 必須のアイテムボールとマイク エリート街道ゴールドタイプ

ヘタレヘコタレ口だけしかも リア恋爆モテキャッチャー「ゆうぴー」

 

メンバー最年長でありながら、グループの中では1番の後輩にあたります。

入所前は野球少年であったことから。野球=ボール、アイドル=マイクと表しています。

入所した翌年にはラジオパーソナリティとしてレギュラーを持ち、HiHi Jetsに加入しました。

エリート街道まっしぐらな高橋優斗くんですが、私服がストライプばかりでセンスがない点や、

優斗くん見たさに学校に女子が集結したにも関わらず本命チョコを1つももらえなかった点から残念賞と言われています。

YouTubeでは過去2回ファッション企画を行っているので見どころの1つです。

▼【第1弾】HiHi Jets〈1000円コーデ〉簡単オシャレで髙橋優斗改造計画!

▼【第2弾】HiHi Jets〈1000円コーデ〉オシャレに髙橋優斗を改造セヨ!!



猪狩蒼弥くん

きっちり分ける好きと嫌い 次のステップへの踏み台に するする全部 足踏み鳴らせ

極めるセンス 花咲かすまで 調子は常々最高潮 ローラー履いたら大暴走

幾度と通った登竜門が 「猪狩」をつくる原材料

 

猪狩くんがジャニーズに入所したきっかけが、ローラースケートです。

お父さんからローラースケートを教わり高いスキルのある猪狩くんは、入所すぐに振付を任されたり、作詞を担当したりと独自のセンスを発揮しています。

そのセンスが幾つもの行程を突破しジャニーズに入所した猪狩くんを形作るものであると表しています。

 

作間龍斗くん

この投稿をInstagramで見る

 

@__rs930__がシェアした投稿

HiHi Jetsの新たな刺客 全般的にはない死角 いけないことならだいたい無自覚

敵と見なせばすぐさま威嚇 だんだん取れていく 美の仮面 潜在能力侮れん

メンバーいじりはさながら悪魔 だけど憎めない仲間の「作間」。

2018年新たなメンバーとして加入したのが作間龍斗くんです。

そのため新たな刺客として紹介され、歌やダンス、整った顔立ちに、まさにアイドルの化身ともいうべき存在です。

ですが実はお茶目な一面があり、突発的におやじギャグを連発することがあります。

また、正式加入前に一度メンバーとして活動していたが、再編成では外された過去があります。

現メンバーの4人がジャニーさんに直談判したことで正式加入に繋がったこともあり、最後の「仲間の作間」の部分にはメンバーとして歓迎しているという思いやりが十分に表れているところでしょう。



自己紹介ラップの歌詞は誰が書いているの?

自己紹介ラップ「だぁ~くねすどらごん」は、グループで最年少の猪狩蒼弥くんが作詞しています。

発表した当時、猪狩くんはまだ16歳の高校1年生でした。

クイズ番組で別名「歩く国語辞典」と紹介された語彙力は、この頃から健在だったようです。


ローラースケートの腕前はさることながら、音楽的センスも高く多才な一面を持っているんですね。

HiHi Jetsの振付や、自身のソロ曲など作詞作曲も手掛けており幅広く活躍しています。

HiHi Jetsのメンバーとして全員への理解があり、愛がある猪狩くんだからこそ書ける歌詞に、独自のセンスを感じます!



自己紹介ラップは変わることがある?

自己紹介ラップは、メンバーの性格や特徴をコンパクトに紹介した内容なので、基本的に歌詞が変わるものではありません。

しかし、HiHi Jetsの自己紹介ラップを披露してから1年経ち、作間くんの紹介部分のみ歌詞を変更しています。

というのも、作間くんが加入してすぐの頃は「新たな刺客」という表現ができたものの、いつまでも新メンバー扱いするわけにもいきません。

そこで、加入から1年が経ったタイミングで歌詞をより具体的なものに変更したというのが経緯になります。

HiHi Jetsとしての仲の良さやまとまりの良さを考えると、今後メンバー編成に変化があることは考えにくく今の自己紹介RAPのままデビューまで繋がるのではないかと思います!

<作間龍斗 紹介RAP(2019年以降)>

HiHi Jetsの圧倒的美 独自の視点で見てる景色 ぱっと見紳士でクールな大人

素顔はハチャメチャ 壊れたおもちゃ 性格スキルは隙なし100点 低めのギャグ線

隠れた弱点 けれども結局頼れるやつだ だから憎めない仲間の「作間」

 

加入から1年の間にメンバーとしてかなり交流を深めた様子がうかがえます。

元々交流があったことも大きいでしょうが、メンバーとして過ごしてきた密度の濃さを感じさせられますね^^


HiHi Jets自己紹介ラップ!まとめ

そのメンバー紹介がラップなので覚えやすいですね!

最近はジャニーズJr.の中でもダンスや音楽の面で多才な人が増えてきています。

実力派揃いの中で、個性を活かしたパフォーマンスができるのはかなりの武器です。

メディアへの露出を機にHiHi Jetsのライブを見ていただければ、そのギャップに応援したくなる人が続出すること間違いないですよ^^

ジャニーズJr.戦国時代と言われるほど、人気のグループが多く誕生している中で、HiHi Jets今後デビュー候補として活躍が期待されるグループの1つですね!