安室奈美恵の復帰説?商標登録の理由と2021年五輪オリンピック復活の可能性の噂を調査!

2018年9月16日に惜しまれつつも引退した安室奈美恵さん。

ラストコンサートでは会場に入れなかった沢山のファンが会場の外で微かな音や歌声を聞いている様子はとても印象的でした。

それから約2年・・最近安室ちゃんが復帰するという噂が流れているんです!

復帰説が流れた原因の一つに安室ちゃんの名前が商標登録されたとの話しがあります。

また、復活は延期となった東京オリンピック付近との噂されています。

というわけで、安室奈美恵さんの復帰説について詳しく調べてみました!

この記事では、

  • 安室奈美恵さんの復帰説
  • 安室奈美恵さんの名前が商標登録された理由
  • 2021年東京五輪オリンピックに復活の可能性

について紹介しています。



安室奈美恵さんの復帰説

週刊女性PRIMEによると、安室奈美恵さんに関わってきたプロデューサーとグッズ関係の会社の経営者が2021年9月の復活に向けて動いていると報道しています。

「コンサートのプロデュースを担当していた企画・運営会社の代表で音楽プロデューサーのA氏と、安室さんのグッズの製造・販売を請け負っていた会社を経営するB氏が、’21年9月の復活に向けて、動いているといいます」(同・芸能プロ関係者)
〈引用:週刊女性PRIME

 

それ以外にも、復帰するのではないかと期待してしまうことが他にもあります。

引退後も続くイベント

安室奈美恵さんが引退したのは2018年9月16日。

その1年後の2019年9月16日には、沖縄県内で安室ちゃんの楽曲と花火をシンクロさせたイベント『WE♡NAMIE HANABI SHOW』が開催されました。

そして今年2020年9月16日にもコロナ禍の影響でオンラインとなりましたがイベントが開催されました!

引退後もイベントが開催されることって珍しいですね!

また、通常のコンサートなみに色んなグッズも販売されるのですが、グッズのロゴの数字が毎年カウントされていて、不思議に思っているファンも少なくないようです。

25周年に引退してから2年経った今年は27周年を意味する「27」のロゴがグッズに!

謎です・・。

番組制作が始められている?

日刊サイゾーによると、民放では日本テレビが全面バックアップし、復活までの模様をHuluで追うドキュメンタリー番組も企画しているという噂があるんだとか。

「安室奈美恵に関して、実は復活プランが進行中です。民放では日本テレビが全面バックアップし、復活までの模様をHuluで追うドキュメンタリー番組も企画されているという噂です。復活のタイミングは来年だと言われていますね」(民放関係者談)
〈引用:日刊サイゾー

 

Huluといえば今年4月21日~5月10日まで『安室奈美恵コンテンツ』が配信されていましたね。
ドキュメンタリーに花火ショー、ミュージックビデオまで盛りだくさんのラインナップでした!

ですので復活ドキュメントもHuluというのは大いにあり得ます。


安室奈美恵さんの名前が商標登録された理由

安室奈美恵さんの個人事務所が、ローマ字の“namie amuro”を商標登録に申請し、今年8月中旬に受理されたことを明らかにしました。

著名人が名前を商標登録するのは珍しいことではなく、実際グッズなどを販売している芸能人は商標登録している方が多いといわれています。

商標登録するメリットとは?

商標とは、簡単にいうと“ブランド名”または“マーク”。

商標登録を行うことで、そのブランド名やマークをビジネスで独占的に使用できるようになる。

ですので他人が勝手に紛らわしい名前やマークをビジネスで使用できなくなる。

既に安室奈美恵さんが活動していた頃は”安室奈美恵”の漢字の名前は商標登録されています。

なぜ、引退後にしかもローマ字の“namie amuro”を商標登録したのでしょうか?

その理由として元々所属していた『ライジング』『エイベックス』が過去の音源や映像などの権利を持っているので、漢字の”安室奈美恵”のグッズやロゴマークを使って商品を売っても、安室さんの個人事務所に入るロイヤリティは少なかったのだそうです。

ですので今回まだ申請されていなかったローマ字表記の名前を申請しました。

この行動は安室奈美恵さんが今後”namie amuro”を何かしら利用していくということです。

事実既に引退後のイベントでは安室奈美恵さんのグッズが販売されています。

単なるこの2、3年のためにわざわざ商標登録はしないと思うので今後も安室奈美恵として活動するのではと予想されているわけです。

もしくは、商標登録には

・【著作権の利用に関する契約の代理又は媒介】
・【美容、理容、あん摩・マッサージ及び指圧、カイロプラクティック、きゅう、柔道整復、整体、はり治療】
・【宿泊施設の提供、宿泊施設の提供の契約の媒介又は取次ぎ、飲食物の提供、会議室の貸与、展示施設の貸与】

なども該当するので、ゆくゆくは、エステやリゾートホテルの経営に乗り出す可能性もあるかもしれないと報道では憶測が飛び交っています。
〈参考:週刊女性PRIME

安室奈美恵さんプロデュースのお店だったら確実に流行りますね^^


2021年東京五輪オリンピックに復活する?

もし復活するのならいつ復活するのか気になりますね・・

噂では、2021年の東京五輪オリンピックに復活するのではないかといわれています!

なんとNHKが安室奈美恵さんにオリンピックの応援歌をオファーする計画をしているんだとか!

2020年に開催される予定だったオリンピック。

2020NHKソングに今年で活動休止を宣言した嵐の『カイト』が決定されましたが、来年となると代役が必要になります。

そこで安室奈美恵さんが浮上しているとのことです!

オリンピックを始まりとし、期間限定で復活し徐々に本格的な復帰へとつながっていくのではと関係者の間で話しになっているとのことです。

しかしここで、一つ疑問が・・安室奈美恵さん本人は復帰を望んでいるのかということです。

芸能界やアーティストとして悔いはないと引退を決意した安室奈美恵さんでしたが、独立を考えていたころとは話が違うと、引退に関しては後悔をしているとの情報があります。

安室奈美恵さんの個人事務所は一番儲かるとされる原盤権をほとんど持っていないので、カラオケや歌唱印税が数パーセント入ってくるだけで売り上げはほとんどないというのです。
〈参考:日刊サイゾー

原盤権とは?

音楽をレコードやCD、音楽配信等の形で販売するためには、対象となる音楽を録音する作業に加え、録音レベルの調整やエフェクトの追加などの多くの作業が必要となる。

その際、演奏者や歌手などの実演家、音楽の編集作業を行うマスタリング・エンジニアなど、多くの人間が作業に関わり、それらの作業に伴う多額の費用が発生する。

このような作業に必要な費用を負担する代わりに、最終的に完成した原盤に関する権利を取得する仕組みとして生まれたもの。

原盤の制作に当たっては、実演家が所属する芸能事務所や音楽出版社、あるいは実演家と契約を結んだレコード会社等が費用を負担することが多いため、原盤権もそれらの企業が保有するケースが大半である。

事務所が変わったにも関わらず、安室奈美恵さんに関する全てを持っていくことは出来ないんですね・・。


安室奈美恵の復帰説?まとめ

安室奈美恵さんの復活説が出ている理由についてまとめました。

・安室奈美恵さんが引退した後のイベントのグッズのロゴが毎年カウントしている。

・独立する前の事務所で、既に”安室奈美恵”が商標登録されているため、ローマ字の名前を個人事務所なら新たに登録

・原盤権も以前所属していた事務所が持っているため個人事務所としての収益が少ない。

・NHKは東京オリンピックのNHKソングを安室奈美恵さんにお願いする計画を経てている

・復帰はまず期間限定で徐々に本格的に復帰するの可能性はあるとしている

引退後、どんな生活をしているかなどの情報が全くない安室奈美恵さん。

ファンにとって安室奈美恵さんの復帰が現実になれば喜びしかないでしょう^^