台風19号2019の最新進路予想!福岡に最接近するのはいつ?気象庁・米軍の予想図は?飛行機・電車など交通機関への影響は?

台風19号は勢力を拡大し、猛烈な勢いで近づいてきています。
2019年に入り、最大級の強さと大きさを伴う恐怖の台風です。
体育の日を含む3連休に、日本列島を直撃するのではと予想されています。

実際いつ気をつければ良いんか気になります。福岡へ上陸する最接近日、時間はいつ頃なのでしょうか。
気象庁予想図と米軍予想を比較してみましょう。

また、飛行機や電車など交通機関への影響はどうなるのか、調べたことを紹介していきます。



台風19号が福岡に最接近するのはいつ?

10月11日現在の風力は925hpa。
昨年9月に上陸した台風21号と同じ強さです。トラックが横転したり、関西空港が水浸しになる被害が出ました。

この時と同じ物が来ると思うと恐怖しかありません。最新の進路を確認し、身を守る行動を取りましょう。

台風19号は、九州の南まで進んできています。
このまま北上を続けると思われましたが、土曜日に北東へ向きを変え関東・東海方面へ予想修正されました。
福岡へ最接近するのは10月12日(土)と見られています。




台風19号2019の最新進路予想!気象庁・米軍の予想図は?

気象庁と米軍が出している予想図を比較し、これからの台風進路を予想していきましょう。
気象庁、米軍の進路予想図は、最新の物に更新していきます。
 

気象庁の予想図

気象庁が出している10月日6時の予想です。
10月13日3時の時点で、四国の南あたりまで来ています。
気象庁 台風19号10.11
 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの予想図も気象庁が出しているものですが、風力が数値化・色分けされています。関東から関西まで暴風域に掛かりそうなのがわかります。
九州は、風が強まる位の影響にとどまりそうです。
気象庁 台風19号暴風域10.11
 

 

 

 

 

 

 

 

米軍合同台風警報センター(JTWC) の予想図

米軍予想図はアメリカ時間で記載されています。
12/00…00の部分に、時差の9時間を足して御覧ください。

気象庁と米軍の予想進路に、大きな違いは見られません。米軍のほうが予報円のまわりに暴風域の円があるので、風の影響がある地域がわかりやすくなっています。
米軍予想 台風19号
 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風19号2019の交通機関への影響は?

台風19号は勢力が強く、影響も大きくなりそうです。
気象予報士の正木さんは、「今シーズン最強の可能性」を心配されています。

台風による交通機関への影響はどうなっているのでしょうか。

飛行機への影響

10月11日の飛行機離発着は、一便欠航が発表になっています。
【欠航】ジェットスター・JAL 
福岡空港発→成田行 19:15/20:15
北九州空港発→羽田行 11:35

【天候調査】ANA
福岡空港発→対馬行 13:00/15:35/18:05

福岡空港発着の飛行機運航状況

電車・新幹線への影響

10月11日発着の電車・新幹線は、通常通り運行しています。

◎九州内を走行する電車の情報はこちら◎
JR九州 列車運行情報

◎新幹線に関する情報はこちら◎
JR西日本列車運行情報

台風19号2019の最新進路予想まとめ

福岡に最接近するのは、10月12日(土)頃、風が強まりそうです。
気象庁・米軍どちらの予想でも、予想進路は変わらず、12日(土)~13(日)には、関東から関西・四国まで暴風域に入る進路をたどる進路をとりそうです。
飛行機・電車等交通機関の影響は、まだ発表されていません。
分かり次第追記していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。