【台風19号被害】茨城県大子町の被害状況まとめ!報道されない被害の現状は?ボランティアの受け入れ情報も

台風19号の影響で久慈川が氾濫し、茨城県久慈郡大子町が大きな被害を受けています。
町役場や病院などが被災し、町の機能がストップ。電車が通る橋も流され、日常生活までの復旧には時間を要しそうです。
ニュース等のテレビ報道で取り上げられる頻度が低く、被害が表立って伝わりにくいことが懸念されます。

茨城県大子町の被害状況と台風19号通過後の様子、ボランティアに関する情報をまとめました。



台風19号通過後の様子は?

◎AbemaTVで大子町の無残な被災箇所が報道されています。

◎JR水郡線では、不通となった常陸大宮駅と常陸大子駅の間で臨時バスが運行されます。

◎臨時診療所が設置されます。

◎ボランティアに行かれた人が、被災者から聞いたその時をまとめられています。恐怖の情景が目に浮かびます。

◎介護施設の停電・断水は命に関わります。
1日も早い復旧を願うばかりです。

◎被災された方へ、物資の支援があります。

◎東京新聞

◎食べ物の陳列棚は、ほとんどからっぽ。

◎茨城新聞が橋梁が落ちた詳細を報じています。



台風19号上陸した日の被害状況

◎氾濫して水が引いたあとの泥の片付けに追われています。

◎JR水郡線の橋が流されています。

◎町は浸水し、湖のようになっています。

◎鉄橋が流され、役場は1メートル浸水。
住民の生活が復旧するのに、時間がかかりそうです。

◎前が見えないほどの大雨が降り続き、久慈川が増水。
台風通過前の10月12日20時頃には、既に越水ギリギリまで来ています。



茨城県大子町でボランティアをするには?

大子町では、災害ボランティアセンターが開設されています。

10/15(火)からのボランティア活動について
【受付場所】大子町災害ボランティアセンター(大子町文化福祉会館「まいん」内)
【募集対象】大子町他、近隣市町村在住者
【 駐車場 】大子町文化福祉会館「まいん」
【受付時間】午前9時~正午まで
【活動時間】午後4時までに帰所できる時間まで

詳細は、大子町社会福祉協議会の公式Facebookで見ることが出来ます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。