箱根駅伝2020駒沢大学エントリーメンバー一覧!出身高校やタイム、プロフィールも紹介!

平成の常勝軍団と呼ばれている駒沢大学。

注目のルーキーや三大駅伝の経験者を中心に箱根駅伝に向けて戦力が充実してきました。

令和初の箱根駅伝で優勝を目指し、エントリーされたメンバーの一覧とエントリーメンバーの出身高校、自己ベストのプロフィールをまとめました。



駒沢大学エントリーメンバー一覧!

12月10日にエントリーされた駒沢大学のエントリー選手16名は次のようになっています。


他の大学が主力選手がエントリーが外れている中、駒沢大学は順当にエントリーされ、楽しみなエントリーメンバーとなりました。

12月29日に区間エントリーもされた駒沢大学のエントリーメンバーは次のようになっています。

【駒沢大学エントリーメンバー】
  • 1区 中村 大聖<なかむら たいせい>(4年)
  • 2区 山下 一貴<やました いちたか>(4年)
  • 3区 大坪 桂一郎<おおつぼ けいいちろう>(4年)
  • 4区 佃 康平<つくだ こうへい>(2年)
  • 5区 伊東 颯汰<いとう そうた>(3年)
  • 6区 中村 大成<なかむら たいせい>(4年)
  • 7区 小野 恵崇<おの けいしゅう>(1年)
  • 8区 加藤 淳<かとう あつし>(3年)
  • 9区 神戸 駿介<かんべ しゅんすけ>(3年)
  • 10区 山野 力<やまの ちから>(1年)
補欠選手(当日に4名まで変更可能)
  • 小島 海斗<おじま かいと>(3年)
  • 小林 歩<こばやし あゆむ>(3年)
  • 石川 拓慎<いしかわ たくま>(2年)
  • 酒井 亮太<さかい りょうた>(1年)
  • 田澤 廉<たざわ れん>(1年)
  • 皆木 晴<みなき はる>(1年)

 

 


駒沢大学エントリーメンバーのプロフィール

【駒沢大学】名前(学年)出身高校 10000m/ハーフマラソンベスト記録

箱根駅伝2019/出雲駅伝2019/全日本大学駅伝2019の出場結果
駒沢大学のエントリーメンバーの詳細情報
プロフィールや記録、タイムを一覧にしています。

1区 中村 大聖(4年)

中村 大聖

 

 

 

名前(学年) 中村 大聖(4年)
出身高校 埼玉栄高等学校
出身地 埼玉県上尾市
10,000mベスト記録 28:31
ハーフマラソンベスト記録 1:01:51
出雲駅伝2019出場結果 6区4位
全日本大学駅伝出場結果 1区2位
箱根駅伝2019出場記録 3区5位

 

 

 

 

2区 山下 一貴(4年)

山下 一貴-

 

 

 

名前(学年) 山下 一貴(4年)
出身高校 瓊浦高等学校
出身地 長崎県長崎市
10,000mベスト記録 28:31
ハーフマラソンベスト記録 1:02:36
出雲駅伝2019出場結果 1区2位
全日本大学駅伝出場結果 8区3位
箱根駅伝2019出場記録 2区9位

 

3区 大坪 桂一郎(4年)

大坪 桂一郎

 

 

 

名前(学年)  大坪 桂一郎(4年)
出身高校 鳥栖工業高等学校
出身地 佐賀県佐賀市
10,000mベスト記録 30:10
ハーフマラソンベスト記録 1:02:17
出雲駅伝2019出場結果
全日本大学駅伝出場結果
箱根駅伝2019出場記録

 



4区 佃 康平(2年)

佃 康平

 

 

 

名前(学年) 佃 康平(2年)
出身高校 市立船橋高等学校
出身地 千葉県鎌ケ谷市
10,000mベスト記録 30:18
ハーフマラソンベスト記録 1:04:47
出雲駅伝2019出場結果
全日本大学駅伝出場結果
箱根駅伝2019出場記録

 

5区 伊東 颯汰(3年)

伊東 颯汰

 

 

 

名前(学年)  伊東 颯汰(3年)
出身高校 大分東明高等学校
出身地 大分県豊後大野市
10,000mベスト記録 28:34
ハーフマラソンベスト記録 1:02:47
出雲駅伝2019出場結果 2区4位
全日本大学駅伝出場結果 4区10位
箱根駅伝2019出場記録 5区5位

 

6区 中村 大成(4年)

中村 大成

 

 

 

名前(学年) 中村 大成(4年)
出身高校 東北高等学校
出身地 長野県松本市
10,000mベスト記録 28:31
ハーフマラソンベスト記録 1:02:24
出雲駅伝2019出場結果 5区3位
全日本大学駅伝出場結果 5区6位
箱根駅伝2019出場記録 6区6位

 



7区 小野 恵崇(1年)

小野 恵崇

 

 

 

名前(学年) 小野 恵崇(1年)
出身高校 那須拓陽高等学校
出身地 栃木県さくら市
10,000mベスト記録 29:13
ハーフマラソンベスト記録
出雲駅伝2019出場結果
全日本大学駅伝出場結果
箱根駅伝2019出場記録

 

8区 加藤 淳(3年)

加藤 淳

 

 

 

名前(学年) 加藤 淳(3年)
出身高校 西脇工業高等学校
出身地 兵庫県明石市
10,000mベスト記録 28:36
ハーフマラソンベスト記録 1:03:04
出雲駅伝2019出場結果 6区4位
全日本大学駅伝出場結果
箱根駅伝2019出場記録 4区11位

 

9区 神戸 駿介(3年)

神戸 駿介

 

 

 

名前(学年) 神戸 駿介(3年)
出身高校 松が谷高等学校
出身地 東京都町田市
10,000mベスト記録 29:28
ハーフマラソンベスト記録 1:02:56
出雲駅伝2019出場結果
全日本大学駅伝出場結果 3区16位

 



10区 山野 力(1年)

山野力

 

 

 

名前(学年) 山野 力(1年)
出身高校 宇部鴻城高等学校
出身地 山口県宇部市
5,000mベスト記録 14:17
ハーフマラソンベスト記録 1:03:14
出雲駅伝2019出場結果
全日本大学駅伝出場結果

 

【補欠選手(当日に4名まで変更可能)】

小島 海斗(3年)

小島海斗

 

 

 

名前(学年) 小島 海斗(3年)
出身高校 市立船橋高等学校
出身地 千葉県柏市
10,000mベスト記録 29:39
ハーフマラソンベスト記録 1:02:15
出雲駅伝2019出場結果
全日本大学駅伝出場結果
箱根駅伝2019出場記録 7区4位

 

小林 歩(3年)

小林 歩

 

 

 

名前(学年) 小林 歩(3年)
出身高校 関大北陽高等学校
出身地 大阪府東大阪市
5,000mベスト記録 14:02
ハーフマラソンベスト記録 1:02:25
出雲駅伝2019出場結果 4区3位
全日本大学駅伝出場結果 2区5位

 

石川 拓慎(2年)

石川 拓慎

 

 

 

名前(学年) 石川 拓慎(2年)
出身高校 拓大紅陵高等学校
出身地 千葉県千葉市
10,000mベスト記録 29:12
ハーフマラソンベスト記録 1:03:07
出雲駅伝2019出場結果
全日本大学駅伝出場結果

 



酒井 亮太(1年)

酒井 亮太

 

 

 

名前(学年) 酒井 亮太(1年)
出身高校 西脇工業高等学校
出身地 兵庫県神戸市
5,000mベスト記録 14:03
ハーフマラソンベスト記録 1:04:14
出雲駅伝2019出場結果
全日本大学駅伝出場結果

 

田澤 廉(1年)

田澤 廉

 

 

 

名前(学年) 田澤 廉(1年)
出身高校 青森山田高等学校
出身地 青森県八戸市
10,000mベスト記録 28:13
ハーフマラソンベスト記録 1:03:07
出雲駅伝2019出場結果 3区2位
全日本大学駅伝出場結果 7区1位

 

皆木 晴(1年)

皆木 晴

 

 

 

名前(学年) 皆木 晴(1年)
出身高校 駒沢高等学校
出身地 東京都府中市
10,000mベスト記録 30:56
ハーフマラソンベスト記録
出雲駅伝2019出場結果
全日本大学駅伝出場結果

 

 



駒沢大学の過去の成績

駒沢大学の箱根駅伝の成績・記録は次のようになっています。

<駒沢大学 箱根駅伝においての主な成績・記録>

54年連続54回出場

箱根駅伝優勝回数:6回(往路3回、復路9回)

駒沢大学は1995年に大八木明監督が就任以降、箱根駅伝の強豪校として平成の常勝軍団として優勝6回の成績を残しています。

初優勝は2000年で、その後4連覇を達成するという記録を残しています。

優勝は2008年以降遠ざかっているが、常に上位争いを繰り広げています。

2018年にはシードを逃したものの2019年には4位とシード返り咲きを果たし2020年には優勝候補として注目されています。

駒沢大学の三大駅伝、最近5年間の成績・記録は次のようになっています。

<駒沢大学 三大駅伝においてのここ5年間の成績・記録>

年度 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝 総合順位(往路/復路)

2014年度 中止 1位 2位(4位/2位)

2015年度 3位 3位 3位(3位/3位)

2016年度 5位 4位 9位(5位/11位)

2017年度 7位 4位 12位(13位/10位)

2018年度 不出場 2位 4位(4位/4位)

2019年度 2位 3位

今シーズン最後となる箱根駅伝2020において、駒沢大学はどんな成績・記録になるのかとても注目です。

 


駒沢大学エントリーメンバーのまとめ

2020年箱根駅伝に出場予定の駒沢大学エントリーメンバーについてご紹介しました。

  • 平成の常勝軍団の駒沢大学は主力選手が順当にエントリーメンバー入りを 果たしている。
  • エントリー選手はエース・実績十分の選手がエントリーされ充実したエン トリーメンバーとなっている。
  • 駒沢大学は大八木明監督が指導者になって以降、2000年に初優勝を果たし 強豪校として例年、上位争いを繰り広げている。

最後まで読んでいただきありがとうございました。