Ado(歌手)の素顔や年齢などプロフィールまとめ!読み方や名前の由来は?

Adoはインターネットを中心に活動している人気女性歌手です。
今回の記事では、Adoの年齢や名前の読み方、名前の由来などのプロフィール情報をご紹介します。
気になる素顔についての情報も徹底的に調査してみました。



Adoのプロフィールを紹介!

名前:Ado(アド)

性別:女性

本名:非公開

年齢:18歳

出身:東京都

Adoはインターネット発の人気女性歌手です。名前の読み方はAdoと書いてアドと読みます。本名は公開されていません。

Adoはニコニコ動画の歌い手として活動を開始しました。

歌い手としての初投稿作品はクワガタP作曲の「君の体温 歌ってみた」で、2017年1月10日に投稿されています。

ニコニコ動画はこちらから

Ado自身もボカロカルチャーのファンのようで、彼女が初めてボカロに触れたのはカゲロウプロジェクトのアニメ版として2014年に放送されたテレビアニメ「メカクシティアクターズ」でした。

その後も歌ってみた作品の投稿を続け、ボカロPのくじらから2019年12月にリリースされた「金木製」に参加し、話題になりました。

2020年3月には同じくボカロPのjon-YAKITORY作曲の「シカバネーゼ」にボーカルとして参加しました。
Tiktokやストリーミングサイトを通してバズを起こし、Adoの名前は一気に知られるようになっていきます。

2020年10月15日にユニバーサルミュージックよりメジャーデビューを発表しました。

10月23日にボカロPであるsyudouが作曲を手がけた「うっせぇわ」を配信限定でリリースしています。

Adoは2019年からYoutubeチャンネル「Ado」も開設しています。
メジャーデビューシングルの「うっせぇわ」のMVの再生回数は2021年1月末現在で5000万回を超えています。

癖になるハスキーボイスと低音から高音まで安定して歌い上げる驚異的な歌唱力を持つAdo。

Adoの名前の由来は?

Adoの名前の由来は、小学校のときに国語の授業で知った狂言の用語「シテ」と「アド」からとったと本人のTwitterで語られています。

狂言や能の世界では「シテ」は主役、「アド」は脇役を示す単語です。
Adoは授業の内容や単語の持つ意味からではなく、単純に「アド」という言葉の響きの良さからとったそうです。

Adoの年齢は?

Adoは2002年10月24日生まれで、現在は18歳 です。
歌唱力からは想像がつきませんが、Adoはまだ現役の高校生ということになります。

2019年10月24日に17歳の誕生日であることを本人がツイートしていますので、間違いはなさそうです。

ニコニコ動画に初投稿した日付は2017年1月10日で、歌い手としての活動を始めたときは14歳だったことがわかります。

動画を見ていただくとわかりますが、14歳とは思えない歌唱力です。

Adoの出身地は東京

Adoの出身地ですが、本人のツイートにより、東京都出身であることが判明しています。

東京生まれ東京育ちのようですね。

会話の流れはわかりませんが、東京育ちはお金持ちという偏見に対する、嘆きのツイートをしているようです。

Adoの素顔は?

気になるAdoの素顔ですが、残念ながら、Adoは素顔を公開していません。
インターネット発の歌手はあまり素顔を見せることがなく、イラストによるイメージキャラを前面に押し出すことが多いですが、Adoも例外ではないようです。

2021年1月22日放送の「ミュージックステーション」に出演した際も、電話でのインタビューのみの出演でした。

2019年にAdoがボーカルとして参加した「シカバネーゼ」の作曲者jon-YAKITORYの話によれば、「素顔は綺麗で曲ほど怖くない方」だそうです。

綺麗な顔立ちのようなので、今後の活動で素顔が明かされるのが楽しみですね。

まとめ

Adoは聴いた人を虜にする、非常に高い歌唱力と癖になるハスキーボイスを兼ね備えた新星の女性歌手です。

また、本人のツイートからは控えめな性格が垣間見えていて、曲の迫力とのギャップに魅かれる人も多いのではないでしょうか。

今後もAdoの活動や新情報からは目が離せませんね。