杉田陽平の身長や体重などのプロフィールと経歴や年収まとめ!

2020年10月16日にアマゾンプライムビデオ独占配信の【バチェロレッテ】のエピソード6(第6話)が放送されました。
ますます杉田陽平【バチェロレッテ】ファンになっているワタクシです。
杉ちゃんの言葉のチョイスがすごく好きで映像に杉ちゃんが出る度耳を傾けている自分がおりますが私だけでしょうか?
今回は杉ちゃんこと杉田陽平さんの身長や体重などプロフィールが気になったので調べてみました。

この記事ではバチェロレッテに出演している

杉田陽平の身長や体重などのプロフィール
杉田陽平の経歴・年収
杉田陽平の魅力

以上のことを紹介しています。

早く次回が見たいです!

↓杉田陽平(バチェロレッテ杉ちゃん)の関連記事はコチラ↓



杉田陽平の身長や体重などのプロフィール

杉田陽平の身長や体重などのプロフィールは以下の通りです。

杉田陽平の身長・体重は残念ながら分かりませんでした。
ただバチェロレッテの福田萌子さんの身長が176㎝でヒールの高さを含めると並んだ写真では同じぐらいの身長であることから杉ちゃんの身長も180㎝前後ではないかと予想します。

↓Twitterで見つけたんですが杉ちゃん180㎝と記載が。今回の参加男性陣みんな高身長なので割と的を得ているような。。

↓身長158㎝と公表されているモデルの風莉(かざり)さんと杉ちゃんのツーショット画像です。
かなりの身長差ですよね。20㎝くらいの差がありそうですのでやはり180㎝くらいはありそうなすぎちゃんの身長です。

  • 杉田陽平【バチェロレッテ】の身長や体重他プロフィール
  • 身長:180㎝?(予想)
  • 体重:70㎏?(予想)
  • 生年月日:1983年10月28日
  • 年齢:37歳 (2020年10月31日現在)
  • 性別:男性
  • 血液型:B型
  • 職業:画家
  • 出身地:三重県
  • 居住地:東京都
  • ステータス:未婚
  • 出身高校:三重県立飯野高等学校応用デザイン科
  • 出身大学:武蔵野美術大学造形学部油絵科


杉田陽平の経歴・年収

杉田陽平の経歴と年収を見ていきましょう。

杉田陽平の経歴

杉田陽平【バチェロレッテ】の経歴

 

【経歴】

三重県津市生まれ。三重県立飯野高等学校応用デザイン科卒業後、武蔵野美術大学造形学部油絵科在学中に革新的な絵画を次々に考案し、様々な絵画コンクールで受賞を重ね本格的にプロの画家活動に専念していく。今や個展を開けば即完売という、作品が入手困難な芸術家のひとりであり、多くの画家達に影響力がある。

【受賞歴】

2004年 『トーキョーワンダーウォール賞』(2007年、2008年も受賞)
2007年 『シェル美術賞2007 中井康之審査員賞』
2007年 『第22回ホルベイン・スカラシップ奨学者』
2007年 『via art2007 シンワアートミュージアム ポーラ美術館御子柴大三審査員賞、コレクター田中早苗審査員賞、柳画廊野呂好彦審査員賞』
2008年 『トーキョーワンダーシード』(2009年も受賞)
2008年 『ART AWARD TOKYO 2008』
2008年 『シンジュク アート インフィニティ』
2009年 『三菱商事アート・ゲート・プログラム』(2010年、2011年も受賞)
2010年 『第5回タグボートアワード 平面作品部門賞』
2010年 『未来の巨匠たち』主催:メリルリンチ日本証券株式会社
2010年 『Kawaii賞展 2010』
2010年 『第4回アーティクル賞 塩原将志審査員賞』
2012年 『清須市第7回はるひ絵画トリエンナーレ 佳作』
2013年 『第14回岡本太郎現代芸術賞 特別賞』(じゃぽにかとして受賞)
2014年 『FACE展2014 損保ジャパン美術賞 入選』
2018年 『第3回 四万十映画祭最優秀賞』キービジュアルアートワークで参加

【その他の活動】

2012年 横須賀美術館『L’Arc〜en〜Ciel 20th L’Anniversary EXHIBITION展』にアートワーク提供。
2013年 日本橋三越本店のショーウインドーを発表の場とする『KISS THE HEART #2』で作品展示。
2013年 髙島屋『ART ゆかた10』に参加。
2013年 単行本『仕事や人生や未来について考えるときにアーティストが語ること ─あなたはなぜつくるのですか? 』の参加アーティストに名を連ねる[19]。
2013年 東本三郎による映画『狼の詩』に美術提供。
2015年 HAIIRO DE ROSSIのBEST&MIXCDのジャケットアートワークを担当。
2016年 現代アートセミナー『アートの価値とコレクションについて』に登壇。
2017年 伊勢丹新宿店のnight partyにライブペインターとして参加。
2017年 『Independent TOKYO 2017』にてゲストアーティストライブペインティング。
2017年 『青参道アートフェア2017』にてライブペインティング。

 

杉田陽平の年収

杉田陽平【バチェロレッテ杉ちゃん】の年収は1000万円以上??
調べましたが杉田陽平さんの年収は分かりませんでした。。
ただ売れっ子画家さんなので年収1000万は固いのではないかと予想しました。

下の動画で杉ちゃんは「絵が欲しい方はたくさんいらっしゃいます。絵は高いもので300万円します。年間100枚ぐらい売れます。」と話されています。
すごい!1000万円超えてるかも!!?
↓0:30ぐらいから上記のお話をされています。

杉田陽平さんは『タグボート』というネットサイトで作品を販売されています。
2020年10月現在では出品中の48作品中44作品は売り切れになっています。
すごいですね。

タグボートの杉田陽平さんの作品ページへのリンクです

出せば売れる杉田陽平さんの作品はカラフルなものから繊細なタッチの絵・遊び心のある作品などいろんな杉田陽平さんの魅力が発揮されています。
↓杉田陽平さんのインスタグラムにはその作品の数々がアップされていて面白いです。この画はべチェロレッテの香りがプンプンですね。

画家の年収はピンからキリまでですのであまり参考にならないかもしれませんがバチェロレッテに出演の杉田陽平さんは画家の他にもテレビ出演や雑誌に載ったりと画家だけの収入ではありませんので1000万円は超えるのではないかと予想いたします。

杉田陽平のテレビ出演履歴

FNNスーパーニュース(フジテレビ、2009年)
情報プレゼンター とくダネ!(フジテレビ、2010年12月16日)
浜田ブリトニーのぱねぇ!CH(あっ!とおどろく放送局、2011年7月13日)
三菱商事アート・ゲート・プログラム(テレビCM、2012年5月)
スッキリ!!(日本テレビ、2013年6月4日)
特報首都圏『オリジナルって何だ?~揺れる表現の現場~』(NHK総合、2016年6月3日、じゃぽにかとして出演)
ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~(BSフジ、2017年7月18日)
Musée du ももクロ(テレ朝動画、2019年6月27日)
BSフジ『ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~』放送200回記念3 芸術家たちのその後SP(YouTube特別版、2020年2月19日)
バチェロレッテ・ジャパン シーズン1(Amazonプライム・ビデオ、2020年)

杉田陽平の雑誌掲載履歴

芸術誌への掲載が多いですね。

『高等学校教科書』表紙掲載(教育と探求社、2006年)
『芸術新潮 2007年2月号』シェル美術賞2007グランプリ決定(新潮社、2007年1月25日)
『月刊美術 2008年4月号』コレクター必見!! 完売作家33人(実業之日本社、2008年3月21日)
『美術の窓 NO.297』新人大図鑑 画廊が選ぶ注目の新人アーティスト(生活の友社、2008年5月20日)
『ホルベインスカラシップ2009 ACRYLART』(ホルベイン工業、2009年6月30日)
『芸術新潮 2009年2月号』stardust 杉田陽平 絵肌を貼る人(新潮社、2009年1月24日)
『アイエスイーアート オークションカタログ』表紙掲載(ISE ART、2011年12月10日)
『月刊ARTcollectors No.46』2013年 注目のアーティスト 現代美術・立体編(生活の友社、2012年12月25日)
『美術手帖 2013年5月号』KISS THE HEART オークションレポート(美術出版社、2013年4月17日)
『月刊ARTcollectors No.54』今が「買い!」の新人アーティストたち 2013年版新人特集(生活の友社、2013年8月24日)
『月刊ARTcollectors No.73』完売作家全データ(生活の友社、2015年3月25日)
『美術手帖』じゃぽにか論 (美術出版社、2016年9月1日-9月5日)
『美術屋・百兵衛 No.43』ギャラリストが選ぶ「旬」なアーティストたち vol.11(麗人社、2017年10月5日)
『美術手帖 2018年3月号』言葉の力 (美術出版社、2018年2月17日)
『月刊ARTcollectors No.108』完売作家全データ2018 (生活の友社、2018年2月24日)
『美術手帖 2018年4-5月号』特集ART COLLECTIVEアート・コレクティブが時代を拓く(美術出版社、2018年3月17日)
『月刊ARTcollectors No.120』完売作家全データ2019 (生活の友社、2019年2月25日)
『BURST Generation Vol.2』(東京キララ社、2019年9月14日)
『これやん』STORY (株式会社BCS、2019年)
『月刊ARTcollectors No.131』完売作家全データ2020 (生活の友社、2020年1月24日)



杉田陽平の魅力

杉田陽平の魅力がいろいろ見つかったのでまとめています。

杉田陽平の魅力①

杉田陽平さんの魅力を杉田陽平さんの公式ブログより発見しましたので抜粋いたします。

個展に来られた方からいもらう差し入れのほとんどが食べ物で食べきれていないと正直にお話されています。

ここで杉ちゃんの提案は手ぶらでお越しくださいというものですが、もう一つの提案が食べ物ではなく絵の具でお願いしますというものです。

何か杉ちゃんに喜んでもらいたいという個展に来られる方へのご配慮が感じられる提案で杉田陽平さんの魅力をこんなところで感じました。

杉田陽平(バチェロレッテ)の公式ブログを抜粋

 

連日、個展の方に沢山の方々にお越し頂き心から深く感謝しています。ありがとう御座います。

今日は、大変申し上げにくい事を書きます。

僕個人の見解なので、他でもそうだろという事ではありません。

申し上げにくい事というのは、「頂きモノ」のコトです。

食べ物が殆どなのですが、正直な所、結構な確率で殆どの人が食べ物をくれるので画廊の棚に入りきらず、持って帰って毎度総て全部食べれる筈もなく、なくなく捨てる事もあります。本当にごめんなさい。*お気持ちは大切に受け止めています。

なので今後は、僕の展覧会に来る時は、何も持って来なくても大丈夫ですよ。勿論、食べ物も手紙もお花も嫌だと言ってる訳ではなく嬉しい気持ちには変わりません。そこはくれぐれも誤解なきよう。

なんだか個展に行く時はお土産を持っていくもんだと何かに書いてあるんでしょうか、、全然手ぶらで大丈夫です。入場料も無料です。

もしも、作品買う気は元々ないし、でも顔出す訳だし何かお土産持ってかないとなぁ、、と思いましたら、何でもいいので絵具を下さい。何のメーカーでも何色でも。 安いのだと五百円以下のもあります。百均にもあります。アマゾンで結構どれでも次の日届きます。

次回の展覧会の時に明らかに私の挙げた絵具の色が新作のこの部分に使われてる!って発見したら面白くないですか?

僕自身も家に並んでいる絵具棚にお客さんが選んでくれたチューブが並んでいるだけで嬉しくなるし自然と制作に向かおうという気持ちになります。

その貰った色で代表作が出来たら最高ですね。

杉田陽平さんの公式ブログへのリンクです

杉田陽平の魅力②

杉田陽平の魅力がツイッターに溢れていたので集めてみました。

↓「杉ちゃんの足元、毎回お洒落でドキッとする。杉ちゃんの感性が大好きだなあ。」


↓「貴方のことを考えると成長出来るしびっくりする明日になる。そんな明日がこれから続いたらびっくりするような将来がある気がする。貴方は生きるのに必要不可欠な存在になった。今の自分がすごく好き。」今までで一番刺さった言葉。おばちゃんにみえるとか言ってごめん杉ちゃん。」

↓「ここの杉ちゃん好きすぎるんだけど
大好きな人が待ち合わせに現れた時の顔じゃんも〜〜〜」


↓「言葉のセンスが最高。好きすぎる。何をどう考えているのか、どういう言葉で表現するのか。もっと知りたい。
不思議な魅力がある!推し!!」


↓「杉田陽平 一択ではないでしょうか。
発信できる感性がある人って本当に一緒にいると楽しいし。
人を傷つけたりしない優しさとか伝わってくる。
そうじゃないと、愛とは花びらなんて思い付かないし。」


↓「この笑顔ステキすぎじゃないですか?」


↓「杉ちゃんって、有名画家で、作品もコレクター達に高値でバンバン売れて、個展開けば完売するから完売作家の異名まであって、現代美術界を牽引する存在の一人でありながら、そんな雰囲気出さずにとことん謙虚なの、人柄だよなぁあ〜〜〜。」


↓「この瞬間のスギちゃんにグッときたけど後ろの看板が気になりすぎた。スギちゃんが好きだ!」


↓「このバチェロレッテをきっかけに、杉ちゃんの知名度や人気がより一層高まる事で、わるい虫(女性とか‥)が杉ちゃんに寄って来ないか心配。
そんなの許せない。杉ちゃんは俺が守る。
いや、杉ちゃんはみんなで守ろう。
杉ちゃんを守る会、結成。」





その他のバチェロレッテの関連記事はこちら!

バチェロレッテの関連記事です。









杉田陽平の身長や体重などプロフィール・経歴・年収まとめ!

杉田陽平の身長は180㎝ぐらいではないかと予想します。
体重は中肉中背の杉ちゃんですので75㎏ぐらいはあるのではないでしょうか。
身長体重に関しては公表されましたら追記いたします。(されるのかな?)
杉田陽平さんの経歴は美術の世界がほとんどでした。
三重県立飯野高等学校応用デザイン科卒業後、武蔵野美術大学造形学部油絵科で学ばれており毎年個展も開かれています。
バチェロレッテの出演が無かったらもしかしたら杉ちゃんの作品を目にすることもなかったのかなと思うとバチェロレッテを見て杉ちゃんの魅力や作品を知れてよかったなあと思います。
ツイッターでは杉ちゃんの魅力をみんながツイートしています。見ていると面白かったです。
ほぼ主観ですみません。。最後まで読んでいただいてありがとうございました!!