【純烈】酒井一圭の本名は?出身中学・高校・大学など学歴と経歴まとめ!

2020年12月30日毎年恒例の日本レコード大賞・第62回が放送されましたね。
その中で優秀作品賞に純烈の『愛をください〜Don’t you cry〜』がノミネートされました。
この3年ほどの純烈の活躍はすごいものに感じますが実は純烈としての活動はもう10年以上たちますのでその間ずっと頑張っておられたんですよね~。
その結果がこんな風に賞として形に残るのは素晴らしいことですね!
今回はそんな純烈のリーダーこと、プロデューサーの酒井一圭さんのプロフィールについて調べてみました。

この記事では以下の内容について紹介しています。

  • 【純烈】酒井一圭の本名
  • 【純烈】酒井一圭のプロフィール
  • 【純烈】酒井一圭 経歴一覧
  •  
    参考になれば嬉しいです。



    【純烈】酒井一圭の本名

    【純烈】酒井一圭さんは普段から本名で活動されています。
    本名は酒井一圭さんです。


    【純烈】酒井一圭の学歴(中学・高校・大学)などのプロフィール

    【純烈】酒井一圭の学歴(中学・高校・大学)などのプロフィールは以下の通りです。

    【純烈】酒井一圭さんのプロフィールです。
    名前:酒井一圭(さかいかずよし)
    生年月日:1975年6月20日
    年齢:45歳 (2021年04月11日現在)
    出身地:大阪府吹田市
    血液型:AB型
    身長:186センチ
    出身高校:千葉県立柏西高等学校
    出身大学:なし
    所属事務所:G-STAR.PRO
    公式Twitter:酒井一圭公式twitter
    公式Instagram:酒井一圭公式Instagram

     


    【純烈】酒井一圭 経歴一覧

    【純烈】酒井一圭 経歴一覧をまとめてみました。純烈での活動の前からたくさんの作品に出演されていたのですね~。
    経歴がすごいです!

  • 1983年東京宝映テレビ(現・宝映テレビプロダクション)に入団。
  • 1985年『逆転あばれはっちゃく』にて5代目桜間長太郎で主演し、子役としてデビュー。その後、学業専念のため芸能活動休止。
  • 1994年『横浜ばっくれ隊』シリーズに出演し、芸能活動再開。
  • 1998年第71回アカデミー賞作品賞『シン・レッド・ライン』に出演。
  • 2001年『百獣戦隊ガオレンジャー』に牛込草太郎 / ガオブラック役で出演。
  • 2005年レスラーとして「マッスル」に継続参戦。プロレス名鑑に載る。
  • 2006年新宿ロフトプラスワン・プロデューサーに就任。
  • 2007年『クラッシャーカズヨシ 〜怒る〜』の撮影中、右足首を複雑骨折。緊急手術。
  • 2008年歌謡コーラスグループ「純烈」を結成することを決断し、メンバーを集め、ボイストレーニングを開始。
  • 2010年「純烈」としてユニバーサルミュージックより「涙の銀座線」でメジャーデビュー。
  • 2018年第69回NHK紅白歌合戦に初出場、純烈結成から掲げた夢を実現。
  • Wikipediaより引用

     


    【純烈】酒井一圭の本名は?出身中学・高校・大学など学歴と経歴まとめ!

    純烈のリーダー酒井一圭の本名はそのまま酒井一圭でした。
    出身中学の情報は分かりませんでしたが高校は千葉県立柏西高等学校でした。
    出身地は大阪吹田市なので高校までに千葉県に引っ越しされたんでしょうか。
    もしかしたら中学校も千葉県の可能性もありますね。
    個人的には幼少期から芸能界におられ目標を次々に達成されている純烈のリーダー酒井さんの心の在り方に興味があります。
    成功するために必要なことを知っておられるような気がします。
    最近のツイートで少しリーダーの考え方が見えたものがあったので最後に載せておきます。
    『バカになって生き抜くが正解やで。バカになるの遅れたらアウトやで。賢くバカになる。みんな今から準備しときや。すぐそこまで来とるで。時代や。』