日本看護協会が「危険手当」を求めて国へ要望書提出!対象や危険手当の支給期間はどのくらい?現場の看護師の声を調査

新型コロナウィルス感染症の拡大する中で、医療従事者の院内感染が問題となっている。

そんな中でも、看護師は患者さんに24時間体制で業務にあたっており、感染のリスクが高い。

4月15日に日本看護協会では、新型コロナウィルスをめぐり看護職への危険手当の支給などについての要望書を、加藤勝信厚生労働相と西村康稔経済再生担当相へ提出した。

看護職は「感染するから保育を拒否される」「感染するからタクシーから乗車拒否される」などの「謂れのない誹誇中傷」を受けているという報告もある。

新型コロナウイルス感染症に関する記者会見(2020年4月3日)会長の福井トシ子氏の会見の動画

こちらは、【コロナ 看護協会が手当を要望】のツイート




対象となる看護師と支給方法や期間は?

日本看護協会の要請書と看護roo!のサイトを元に、対象となる看護師と支給方法や期間について説明をします。

要望書のポイント
日本看護協会の要望書(2020年4月15日)を基に看護roo!編集部作成

対象となる看護職

新型コロナウイルスに感染した患者又は感染した疑いのある患者に対応した、看護職及びその補助を行った看護職。

支給方法

危険手当を大幅に増額し、対象看護職個人に支給すること

危険手当の支給期間

期間は「国内で初めて新型コロナウイルス感染が流認された日から、新型コロナウイルスの蔓延がほぼ終息したとして別に定める日」まで。

今回の要望では、具体的な金額は示していませんが、医療機関ではなく「個人」に支給するように要望。

また、「初めて感染が確認された日」の分までさかのぼって支給することで、既に対応に当たっている看護師が報われるように求めています。



ホテル等へ宿泊費

新型コロナウイルスに感染した患者又は感染した疑いのある患者に対応した、看護職及びその補助を行った看護職が、帰宅せずホテル等に宿泊した場合、当該看護職に対し

1泊につき 15,000円を上限に宿泊費の補助(病院において費用を負担している場合は医療機関に対して補助)を行っていただきたい。)

ホテル等の宿泊費の補助
感染者の対応に当たる看護職員の中には、家族への感染を避けるため、自宅に帰らずホテルなどで宿泊を続けている方もいます。

その費用をサポートしている医療機関や、自己負担を強いられている個人への救済を求めています。

妊娠中の看護職への配慮

代替えの看護職員を雇用した場合の経費補助。

厚生労働省は、新型コロナウイルスに関して「妊娠中でも過度な心配はいらない」としつつも「妊婦が肺炎にかかると重症化する可能性がある」と、職場で配慮するよう通知しています。

しかし、医療機関ではテレワークなどの配慮が不可能なため、「妊娠中の看護職員が休業する場合、代替職員を雇用するための費用」を支援するように求めました。

日本看護協会「危険手当」の要望書PDFはこちら▼
日本看護協会/新型コロナウィルス感染症対応している看護職に対する危険手当の支給等について

参考サイト:
BIGLBEニュース
BIGLBEニュース

看護roo!
看護roo!

日本看護協会の「危険手当」に共感するツイート。

国民民主党としても強く政府に求めていきますというツイート。



現場の看護師の声

新型コロナウィルス陽性患者さんにとどまらず、疑いのある患者さんの業務にあたっているが正直には自分も曝露するのでは?と思うこともある。

自分が感染しないように努力はしていても病院ではまだまだマスクや防装具が不足しており、感染の病室へ訪れた後も本来はそこでマスクや防装具を破棄するのだが

1回ずつ破棄しないように使いまわししていることもある。

マスク不足と坊装具の充実も必要です。

また、看護師が感染して病棟閉鎖せざるをえなかったり、医師の感染などで外来閉鎖しており医療崩壊危機のメディア報道もされています。

もっと、電子署名も集めないと世論と政府も動かせないのではとも言われています。

また、看護師の資格を持っていて現在は現場から離れている人を募集しても、こんな時期なので更に復帰しようという人もいないのではないか?とも言われています。



まとめ

日本看護協会の危険手当の要望書から対象者や支給期間について

現場の看護師の声について調べたことをお伝えしました。

現場の看護師や医療従事者のみなさんのコメントもお寄せください。